体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

本の虫ならおさえておきたい、世界で最も豪華な図書館8選

The-Most-Gorgeous-Libraries-In-The-World-george-peabody-library-USA-Pixabay
画像提供 © Falkenpost/Pixabay

海外旅行を楽しむ上で欠かせない観光地巡りは、訪れた人にとっては特別な記憶として、いつまでも色褪せない思い出になる。
百年以上前の建造物、洗練された現代的な施設は、多くの旅行者へその土地の歴史と未来に触れる機会を与えている。

今回は旅先の歴史を十分に楽しみたい方へ『世界で最も豪華な図書館8選』を紹介。
まるでファンタジー映画の舞台のような景観の図書館や、モダンに研ぎ澄まされた内装の図書館は、本好きにはもちろん、建築好きにも魅力的である。

今年の海外旅行は、歴史と触れる特別な機会を与えてくれる図書館へ訪れてみてはいかがだろうか。

1. ジョンズ・ホプキンズ大学のジョージ・ピーバディー図書館 アメリカ合衆国、ボルティモア

映画「美女と野獣」に登場する宮殿にある図書館を彷彿とさせるこの豪華な図書館は、一瞬本当にお城に来たのではないかと見間違えるほど美しく本が陳列されている様子に驚く。1878年に開館したこのジョージ・ピーバディー図書館は「本の大聖堂」という別名でも知られ、ネオ・グレコ様式のデザインが特徴の館内には、黒い手すりと金色で縁取られた柱に囲まれた6階建て(約19m)のアトリウム。蔵書数は30万冊に及び、建築、アメリカ史、イギリス芸術、伝記、ロマンス系言語と文学、地理学、旅行記などの分野に関する書籍を主に扱っている。

ボルティモア行きの航空券をチェック

2. ザンクト・フロリアン修道院図書館 オーストリア、ザンクト・フロリアン

The-Most-Gorgeous-Libraries-In-The-World-Austria-Stift-St-Florian-Bibliothek-CREDIT-Constantin-Beyer
画像提供 © Stift St. Florian / Constantin Beyer

「美女と野獣」を連想させる図書館がもうひとつ?このザンクト・フロリアン修道院図書館は、バルトロメオ・アルトモンテ(Bartolomeo Altomonte)やアントニオ・タッシ(Antonio Tassi)といった画家による天井のフレスコ画、黄金色の装飾、ホタテ貝の形をしたバルコニーが印象的で、きっと誰もが時間を忘れて本を読み耽りたくなる。15万冊の蔵書を誇り、16世紀に製作された蔵書や原稿だけでなく、同時期から20世紀の間に作成された50巻、600枚にわたる地図製作関連文書に出会うことができる。

ウィーン行きの航空券をチェック

3. マフラ国立宮殿図書館 ポルトガル、マフラ

The-Most-Gorgeous-Libraries-In-The-World-Portugal-Mafra-Library-CREDIT-PYO-Palácio-Nacional-de-Mafra
画像提供 © PYO / マフラ国立宮殿図書館

マフラ国立宮殿図書館は、まるでポルトガルのプリンセスになったような気分に浸れる図書館。実際、ポルトガル王ジョアン5世の最初の子、バルバラ妃の誕生を記念して建てられた宮殿だ。「ロココ図書館」という名前でも知られる図書館の床はバラ色、グレー、白の大理石タイルによる装飾が施されているほか、2階部分の華やかな通路も一見の価値あり。アーチ型の天井と大きな窓のおかげで館内にはたっぷりと自然光が降り注ぐので、本を眺めながら歩けばなぜこの図書館が世界で最も美しい図書館に数えられるか納得のはず。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。