体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お取り寄せグルメレビュー】北海道、宮城、千葉、福岡のご当地カップラーメンを食べ比べ!

自腹で食べ比べ! ご当地カップラーメン、うまいのはどれだ!?

CHINTAI編集部が“ジバラ”でお取り寄せをしてレビューする本企画。

4人の編集部員が各自5点満点で評価するので、それぞれの商品の満点は合計20点。4つの商品をメリハリつけて自分の好みのままに独断でレビューする。今回はファンも多い「ご当地カップラーメン」。お湯を注いで数分で楽しめるお手軽グルメだ。

各地の特産を使った商品が多く、選ぶのも楽しい。今回は、北海道、宮城県、千葉県、福岡県の4つのご当地カップラーメンを食べ比べてみた。
北海道、宮城県、千葉県、福岡県の4つのご当地カップラーメンを食べ比べてみた!|お取り寄せグルメレビュー

北海道、宮城県、千葉県、福岡県の4つのご当地カップラーメンを食べ比べてみた!北海道 花咲がにラーメン(450円)

当初製造していた会社が倒産してしまったものの、ファンの熱い要望に応える形で根室市観光公社と幕別町の渡辺製麺によって復活した高級カップラーメン。
合計:15点
北海道の花咲がにラーメン|お取り寄せグルメレビュー

北海道の花咲がにラーメン
小林裕美:4点
細麺ストレート、スープはあっさりとした塩味。具材はカニのむき身、わかめ、ネギとシンプルだが、ふんわりと磯の香りを感じさせる点が高評価。カニのむき身がボソボソしていたので減点したが、カニのクオリティが上がれば満点かも。

中村祐介:3点
花咲ガニのほぐし身が入っている北海道根室の塩カップラーメン。あっさりめなので、中太の麺とちょっと絡みづらい。味のバランスは良いものの、正直、これなら少し高くても花咲ガニの缶詰を食べた方が良いのではないかと思った。

西川将広:4点
花咲ガニのほぐし身が入っているということで期待していたが、少しチープな印象。スープはあっさりしているが、コクがあっておいしかった。お酒の後の〆に食べたくなる味。ほぐし身以外は満足なので今回の4つの中では高得点。

志水清夏:4点
お値段500円の高級カップラーメン。塩ベースのスープはあっさりしつつも、旨味がしっかりと効いている。ほのかに風味はあるものの、カニはパッケージに載っている写真より少ないのが残念。値段は高いけれどついまた食べたくなりそう。宮城県 牛たんラーメンカップ(540円)

全国の3分の2が当地で消費されるという宮城県名物の牛タンを使った醤油ラーメン。仙台市のだい久製麺が製造。カップラーメンとしては高価格な商品。
合計:6点
宮城県の牛たんラーメンカップ|お取り寄せグルメレビュー

宮城県の牛たんラーメンカップ
小林裕美:1点
太麺縮れ、スープは醤油ベースのしっかりとした味でかなり濃いめ。具材は牛タンとネギのみ。麺のインスタント感と、牛タンのレトルト感が強く、スープとのバランスも個人的に苦手なタイプだったので、全体の味わいを楽しめなかった。

編中村祐介:1点
仙台の名物、牛タンが入った醤油味のラーメン。キモである牛タンが、ジャーキーっぽい食感で、牛タン感があまりないのがとにかく残念。その点、花咲がにはカニらしかった。スープや麺に工夫がないのであれば別々で良い気がする。

西川将広:1点
500円を超える値段と、後のせレトルトに期待をしていたが、牛タンを食べてみてガッカリ。ビーフジャーキーそのものの味。またスープも牛の臭みが目立ってしまっていたのでこの評価。個人的にはあまり好みではないラーメン……。

志水清夏:3点
こちらも500円オーバーの高級カップラーメン。その値段の理由はもちろん牛タン入りにあるのだろうが、肝心の肉は歯ごたえがなく牛タンを食べたという満足度はあまり感じられない。他もいたって普通の醤油ラーメンといった味わい。千葉県 竹岡式らーめん(220円)

千葉県富津市竹岡の黒いスープが特徴的な醤油ラーメン。「ニュータッチ」ブランドを展開するヤマダイ社が製造。ご当地の人気店「梅乃屋」店主の推奨品。
合計:15点
千葉県の竹岡式らーめん|お取り寄せグルメレビュー

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。