体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ちゃんと2人きりのおでかけデビュー。ドキドキしたけど新しい発見がいっぱい! by ぽんぽん

産後少し過敏になっていた私は、赤ちゃんを連れて車通りの多いところや人混みに行くのをできるだけ避けていました。

必要な買い物は手伝いに来ていた母にお願いし、産後3ヶ月ごろまではほぼ家で過ごしていました。

お宮参り(北海道では生後100日に行う家も多い)が終わり、身体もしっかりしてきた頃、暑い夏も過ぎ去ったのでベビーカーでのお散歩デビューをすることに。

f:id:akasuguedi:20180312184040p:plain

ひとりで赤ちゃんを連れて外に出るのは初めて。

途中で泣き出したり、オムツや服を汚しても大丈夫なようにと入念に持ち物チェックを行い、何かあってもすぐに帰って来られるような距離でしか出歩かないことにしました。

家の周りをぐるっとまわる程度のお散歩。

外気に触れるというだけで、赤ちゃんにとって何か特別なものはないだろうと思っていました。

それが

f:id:akasuguedi:20180312184120p:plain f:id:akasuguedi:20180312184126p:plain f:id:akasuguedi:20180312184131p:plain

大きな街路樹の葉っぱを見て喜んでいるのか、木漏れ日がキラキラと綺麗で喜んでいるのかはわかりませんが、長男は初めての世界をすごく満喫している様子。

長男の初めて見る表情や動きに、私まで嬉しくなりました。

これはもっと木を見せてあげようと、近所の公園をゆっくり歩いていると、遠くから人が近づいてきます。

ネットでよく聞くような

f:id:akasuguedi:20180312184207p:plain

こんなことにならないように・・・と思い、

「すれ違うときにベビーカーが邪魔にならないようにしなきゃ。」

と道の端にベビーカーを寄せました。

関連記事:「子連れは邪魔」「タクシー使え」? 調べて恐怖の子連れお出かけ、その実際とは… by フクミー

すると…

f:id:akasuguedi:20180312184255p:plain

近づくにつれてにこやかになったご婦人に、話しかけられました。

その後も

f:id:akasuguedi:20180312184314p:plain f:id:akasuguedi:20180312184323p:plain

すれ違う人や信号待ちで一緒になった人たちに声を掛けられました。

f:id:akasuguedi:20180312184347p:plain

どうなるものかと出発前はちょっとドキドキしていましたが、

とても楽しいお散歩デビューになりました。

前回エピソード:沐浴だけじゃなく、意外につかえるベビーバス! by ぽんぽん

f:id:akasuguedi:20170509102050p:plain

著者:ぽんぽん

年齢:30歳

子どもの年齢:1歳、3歳

妊娠・出産・育児にあれこれ理想を抱いていたが、なかなか思い通りにはいかず空回りしまくる日々。次男の出産を機に育児ブログを書き始める。日常の出来事や成長記録、悩みなどを老後に読み返して懐かしむために残しています。

ブログ:ぽんぽん子育て

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

生後6ヶ月の赤ちゃんを連れて大好きなディスニーランドへ。楽しい思い出ができました!
毎日公園はもう飽きた…年間パスポートゲットで動物園に通いまくりました!
双子の赤ちゃんを連れて新幹線移動。ぜひとも予約したい座席のポイントとは?

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。