体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソニーがSXSWでAR技術のデモを披露!プロジェクションとモーションセンシングによるARの新展開

今年も音楽・映像とテクノロジーの祭典、SXSW(サウスバイサウスウエスト)が開催されているが(3/9~18)、会場ではソニーによるAR/VRのインスタレーションも展開された。

最新技術が垣間見れて驚きを誘発するソニー「WOW Studio」の展示についてみていこう。

・Xperia Touchを進化させたような立体プロジェクション

SXSWで披露されたものは、ソニーの誇る映像・音響技術と触覚提示技術(ハプティクス技術)が進化したものだ。

たとえば、「Interactive Tabletop Projector」では、ゴーグルやメガネを着用することなく、AR体験を作り出すことに挑戦している。

4台のプロジェクターにより、テーブル上の3Dオブジェクトに対して立体的なプロジェクションマッピングを施す。

光で彩色された楽器は、指をさすことでスポットライトがあたり、楽器の種類に応じた演奏が流れ出す。

このインスタレーションはプロトタイプで、活用されているプロジェクションおよびセンシング技術を実装した商用プロダクトが登場するかどうかは未定だが、ソニーが発売するテーブルや壁をタッチスクリーンにできる超単焦点プロジェクター「Xperia Touch」の発想の延長にあるものだろう。

・映像や音、触覚によるインタラクティブな体験を

ほかにも、映像や音、触覚や光などによるインタラクティブゲームを五感で楽しめる「Interactive CUBE」や、音のVRや触覚によってホラー体験ができる「Ghostly Whisper」、VRでキャプテン翼が楽しめる「サッカーVR」などなど、ソニーの開発する最新技術に触れることができるようだ。

インスタレーションに対しての反応も上々で、驚きの声や参考になったといった感想が多く見られる。

The range of interactive and immersive technology from @Sony at #SXSW is amazing. Excited about the potential applications for healthcare @GreyHealth #WPPHealth #hcmktg pic.twitter.com/Gn3BKLrcB5

— Chris Millsom (@chrismillsom) 2018年3月12日

Having some awesome experience in Sony’s WOW Studio!!! The AI & Robots, AR/VR, 3D audio and more interactive innovations. So much fun ad so much to learn. #SonyatSXSW #SXSW pic.twitter.com/kxZvfWbtxY

— Will Hsu (@willhsu7) 2018年3月12日

A lot of neat stuff is happening at #SXSW , looks like our friends at #Sony are putting together some really cool new audio tech!

— Southern Cinema (@southerncinema) 2018年3月12日

こういった試みをみるとソニーの持つ技術の先端性を再認識させられる。GoogleやAppleがAR CoreやAR KitによってARの業界標準を狙う一方で、ソニーの開発するAR技術にも独自の需要があるだろう。

参照元:Sony’s wild AR hologram tech continues to get better and better/The Verge
参照元:SXSW 2018出展概要/Sony ニュースリリース
Sony ブランド|WOW Studio

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。