体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BACK-ON「ここで辞めちゃダメだな」2人になっても進化し続ける意思……3/16代官山UNITでツアーファイナル

BACK-ON「ここで辞めちゃダメだな」2人になっても進化し続ける意思……3/16代官山UNITでツアーファイナル

 アニメ『ガンダムビルドファイターズGMの逆襲』主題歌「Carry on」でも注目を集め、同曲収録の配信限定EP『NEW ERA』をリリースしたばかりのBACK-ON。彼らがいよいよ3月16日、東京・代官山UNITにてツアー【NEW ERA】の最終公演を開催する。

BACK-ON ライブ写真一覧

 BACK-ONは、地元足立区の幼なじみであるTEEDA(mc)とKENJI03(vo,g)からなるロックユニットで、国内に限らずアジア、 アメリカ、ヨーロッパ、 南米と世界各所から出演オファーがありワールドツアーを開催する等、海外からも高い評価を得ている。活動15周年を迎えた2017年にメンバー脱退劇があったものの、同年11月30日には渋谷club asiaにて2人体制初のワンマンライブ【WE BACK】を開催。不安視するムードなど蹴散らす痛快アクトを繰り広げ、ファンと熱狂の渦を巻き起こしながら、見事に進化したBACK-ONを体感させてみせた。

 「2人になって、すごく不安ばっかりでさ、だけどBACK-ONに誰か1人でも期待してくれている人がいるんだったら、やっぱり続けたいし、歌い続けていたいしさ……。実はね、ちょうど休止ぐらいのときかな。歌えなくなって、喉のポリープの手術をしたんだけど、そのときにお医者さんがすごく嬉しいことを言ってくれてさ、「15年間、全力で歌ってきた証拠だよ」と言ってくれて、「ちゃんとポリープ取るからさ、こっから15年、思いっきり走ってよ。思いっきり歌えるからさ」と言ってくれて。だから「ここでBACK-ON辞めちゃダメだな」って。あと、15年。いや、もっともっと歌い続けられたらなって思います」

 そんなこれからも進化し続ける意欲を感じさせてくれた彼らが、前述の新作『NEW ERA』への評価も高まっている中で【NEW ERA】なるツアーをスタート。3月16日に東京・代官山UNITにてツアーファイナルを迎える。復活の狼煙を上げた初ワンマンから4か月、さらにパワーアップしたBACK-ONのステージをぜひ体感してほしい。

 
◎ライブ情報
ツアー【NEW ERA】最終公演
2018年03月16日(金)代官山UNIT
OPEN 18:00 / START 19:00
チケット:3,8OO円(+1ドリンク)

関連記事リンク(外部サイト)

BACK-ON、BESTアルバムリリースイベントで15年間の未公開映像を披露
BACK-ON 結成15周年オールタイムベストリリース決定
BACK-ON【JAPAN EXPO】VAMPS/藍井エイル/でんぱ組らと参戦「フランスの女性はキレイですね。僕の彼女になりませんか?」

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。