体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラトビアの新型警戒監視レーダー、導入試験終了

ラトビアの新型警戒監視レーダー、導入試験終了

 2018年3月12日(現地時間)、ラトビア空軍は導入した多用途三次元警戒監視レーダーTPS-77 MRR(ロッキード・マーティン製)の導入試験が成功裡に終了したことを明らかにしました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 TPS-77 MRR(Multi-Role Radar)は、Lバンド(1215〜1400Hz)の周波数帯域を用いる三次元フェイズドアレイレーダー。トラックに乗せた可搬式で、C-130などの輸送機に搭載して運ぶこともできます。長距離/低高度モードで使用でき、長距離モードでは高度0〜3万m・半径10〜643km(5〜250海里)、低高度モードでは高度0〜1万5000m・半径2〜150km(1〜81海里)の範囲が走査エリアとなります。レーダー素子には窒化ガリウム(GaN)素子を採用しており、消費電力が従来より低減され、素子自体も長持ちするようになっています。

 ラトビアは2015年に3基のTPS-77 MRRの導入を決定。納入されたTPS-77 MRRを使用して、導入試験を続けてきました。

 「TPS-77 MRRの導入は、我が国の軍の能力を高める大きな投資であり、我が国周辺の脅威に対する適切な対策となります。特に低高度の航空監視任務は、ラトビアの空域監視における最も重要なものであり、この新しい多用途レーダーの技術によって、他国の同種のレーダーとも同程度の能力を持つことになりました」と、ラトビアのライモンズ・ベルグマニス国防相は、TPS-77 MRRの導入試験終了に際してコメントを発表しています。

 ラトビアのあるバルト海周辺では、近年ロシア軍機の活動が活発になってきており、イギリスやオランダ、ベルギー軍機によるスクランブル件数も増加傾向です。最も距離的にロシアに近いNATO加盟国のひとつであるラトビアにとって、空域の監視は非常に重要になっているのです。

Image:Lockheed Martin

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ・インドネシア空軍の合同訓練「コープ・ウエスト」始まる
BAEシステムズがDIMDEXでイギリス海軍向け新型フリゲートの設計案を公開
日本が誇る防衛力対決 陸海空の筋肉自慢が競い合う「自衛隊ベストボディ2018」開催決定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。