体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネズミ捕りやオービスからは逃れられたりする?

ネズミ捕りやオービスからは逃れられたりする?

違反者を待ち伏せする速度違反の取り締まりにが「ネズミ捕り」と「オービス」です。ネズミ捕りは複数の警察官を動員して連携プレーで速度違反車をキャッチ。一方のオービスは、路上に設置されたカメラで違反者を自動撮影します。ネズミ捕りやオービスの速度違反は逃れられるのでしょうか?

ネズミ捕りは停止係が白バイを待機

ネズミ捕りは基本的に、速度を計測する「現認係」と違反車両を止める「停止係」、そして違反キップにサインさせる「取調係」の3班体制。ネズミ捕りの場合、停止係の制止を振り切って逃げるクルマがいることが予想されます。

そこで警察官は、追いかけて捕まえるためにパトカーや白バイを周囲に待機させているのが通常。多くの場合は白バイ隊員が停止係となって、逃走車が出た場合にすぐさま追えるよう、近くに白バイを待機させています。

このため、ネズミ捕りから逃走すれば赤色灯を回した白バイやパトカーに追われることになります。もし速度違反に納得できない時は抵抗せずに停止して、警察官にしっかり主張するほうが賢明です。

オービスは呼び出して違反キップ

オービスによる速度違反の取り締まりの場合、現場では測定と撮影を行うだけ。ナンバーから判明したクルマの持ち主へ呼び出しの通知が届きます。違反者(たいていは所有者自身)を警察署へ呼び出して違反キップを切るスタイルです。

その所有者が知らん顔したり、警察から電話があっても「撮影された日時に誰が運転していたか分からない」などと突っぱねたりすると、警察は困り果ててしまいます。オービスのスピード違反の取り締まりは、いわば違反者が素直に呼び出しに応じて出頭することを前提に行われているわけです。

ただし、オービスで撮影された写真には、違反車とされるクルマの全体がやや斜めから写っています。写真はモノクロですが、ナンバーも車内もきれいに撮影。年月日、写真番号、制限速度、測定値などのデータが焼き付けられているのです。

このため、本人が否定したとしても写真を元に違反者を特定して逮捕することもあります。多くの場合、逮捕を臭わせた郵便や電話が何度もあり、違反者は仕方なく警察へ出頭するようです。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。