体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シンガーソングライター・優河、人前で歌ったきっかけは「時間が余っていたから」

シンガーソングライター・優河、人前で歌ったきっかけは「時間が余っていたから」
J-WAVEで放送中の「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「MARTIN GUITAR SOUND HOLE UNIVERSE」。3月のマンスリーナビゲーターは、シンガーソングライター・優河さんです。3月9日(金)のオンエアでは、「アーティスト、優河の活動」をテーマに、活動の変遷を語りました。

優河:本格的に活動をはじめたのは2011年です。最初は、中学生のときにガールズバンドが流行っていて、そのバンドで私はベースを弾いていたんです。催し物に出ることになって、バンドの曲だけだと時間が足りないということで、「持ち時間が余っちゃうから優河が歌って」と言われて、そこではじめて人前で歌いました。そこから、聴いていた母親の薦めでボイトレに通うようになって、専門学校も音楽関係に。19歳のときに「SARAVAH東京」というライブハウスで働きはじめて、オーナーのアツコ・バルーさんが「ここをホームにして活動していきなさい」と言ってくれて、はじめたんです。

それから優河さんは、音楽プロデューサー・牧村憲一さんが主宰する「音学校」に参加。講師・ゴンドウトモヒコさんと出会ったのちに、牧村さんから「ゴンドウさんと一緒にアルバムを作ってみたら?」という薦めがあり、ファーストアルバム「Tabiji」が出来上がります。

優河:初めて人の手が自分の作品に加わることを経験して、「こんなに人の見え方って違うんだ」と、驚いたのと嬉しかったのと。すごく素敵なはじまりでした。

地方ライブで歌いながら、最近ではテレビCMのナレーションや、サウンドロゴの歌唱などをしているというという優河さん。「ずっとナレーションをやりたくて。子どもの頃から何かを読むということに、すごく憧れていたなと。これからもっとナレーションとかやってみたいですね」と、今後の抱負を明かしました。

その後、ファーストアルバム「Tabiji」から、「前夜に」の弾き語りを披露しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。