体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KEYTALKが新アルバムをセルフ解説!昔は歌詞に悩んでお酒を…

KEYTALKが新アルバムをセルフ解説!昔は歌詞に悩んでお酒を…
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜担当ナビゲーター:Bentham)。3月は1ヶ月限定でKEYTALKが番組ナビゲーターを務めています。3月8日のオンエアでは、3月7日(水)にリリースされたKEYTALKのニューアルバム「Rainbow」の収録曲をメンバーの解説とともにお届けしました。

■「テキーラキラー」

この曲は八木の作詞作曲です。

八木:歌い分けとか、言ってほしい言葉とか結構考えて。歌詞作るときも、歌い分け振るときも考えてます。

また、タイトルにテキーラとありますが、八木は昔、歌詞が出てこなかったときにお酒を飲んで書いていたそう。今は「しらふじゃないと出てこない」とのこと。この曲も素面で作ったそうです。

■「nayuta」

この曲は小野が作曲、首藤が作詞です。

小野:なんかタイムトラベリングする歌詞とともに、音楽の世界に没頭してほしい。
首藤:この曲のテーマの『スピリットサークル』というマンガは全6巻で完結しているんですけど、輪廻転生ファンタジーみたいな、ものすごいいいマンガなのでおすすめです。

■「雨宿り」

この曲は首藤が作詞作曲です。番組前半にオンエアした力強い曲とは一転、しっとりとしたした曲です。

首藤:J-WAVEみたいなFMラジオ曲で、深夜に流れると合いそうな曲ですよね。夜、首都高を運転しながらJ-WAVEで流れてきたら素敵じゃないですか。

「いいっすねー」「しゃれてる」「ムーディーでございまする」とメンバーも盛り上がりました。

■「ミッドナイトハイウェイ」

この曲は寺中が作詞作曲です。

寺中:ベースのゴリゴリ・ベリベリな音を聴いてください。もし音を出していいんだったらスピーカー大音量で。バイクや車をテーマにして。ちょっと攻める的な。峠とか道とかどこでも攻めちゃうみたいな。エンジン音とかもベースで表現させてもらった。

■「ワルシャワの夜に」

この曲はエッジの効いたギターの音色が特徴的です。

寺中:彼(小野)はピックを弦に対して斜めに入れるクセがあって、それがときどきピッキングハーモニクスっぽい音をたまたま生み出しちゃうんですけど、それが逆にすごくよくてKEYTALKってバンドはすごく勢いがあると思います。

KEYTALK渾身のアルバム「Rainbow」、ぜひ聴いてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。