体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

魚卵をふんだんに使用したミルフィーユ

3月12日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、見た目や味が他にはない進化をしたグルメについて特集したコーナーの中で、「Seafood・Bistro・Eni・魚卵ハウス・エニ(シーフードビストロエニギョランハウスエニ)」(東京都千代田区)が紹介された。

飯田橋に店を構える同店はシーフード料理が食べられるレストラン。女心をくすぐる美しさをもち、食感がプチプチしている進化系グルメが味わえるという。

入店した尾花貴絵さんはまず、同店自慢のパスタメニュー「ホタルイカとエビのパスタ・ぶっかけイクラ&トビッコ」(2,106円)を頂く事になり、運ばれてきたパスタを見て「あっ、きれい!」「おいしそう、いい香りがしてる~」とコメント。パスタを食べようとすると、店長がやってきてパスタにイクラとトビコをどんどんかけていく。それを見た尾花貴絵さんは「えっ、なんですかなんですか!?」「えっ、イクラがかかった!」「こんなにかけるんですか?」と驚いた。
このメニューは干したホタルイカを細切りにし、ニンニク、赤唐辛子、オリーブオイルで炒めて香りと旨味を引き出した後にエビとパスタを加えた一品で、イクラとトビコがかけ放題となっている。
パスタを食べた尾花さんは「んー、すごい!プチプチ言ってる」「またこの磯の香りがすごくいいんですよ」「ホタルイカとイクラとトビコが合わさる事によってすごい濃厚な味になりますね」とコメントした。

次に、女性客に人気のメニュー「魚卵屋さんの本気のミルフィーユ」(1,620円/ランチ時は要予約)を頂く事になった尾花さんは、その見た目に「えっ、何これ!?ケーキみたい!」と声を上げた。このミルフィーユは型にトビコ、アボカド、山葵トビコ、数の子、サーモン、イクラを積み重ねて作られており、皿の上の黒い文字のところはランプフィッシュキャビアが使われている。
「いただきます」と言ってから一口食べた尾花さんは「口に入れた瞬間に広がるプチプチ感、しあわせー、ワーオ!」「サーモンほど良く脂のっているんですよね、それとトビコとアボカドの濃厚さ、すごいバランスがいい!」とコメントした。

同店では他に、唐辛子をふんだんに使った「激辛明太ペペロンチーノ」(650円)や「サーモンとイクラのジェノバクリームパスタ」(1,200円)も人気メニューだという。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:魚卵ハウス Eni‐エニ‐ 飯田橋(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:飯田橋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:飯田橋×居酒屋のお店一覧
魚卵をふんだんに使用したミルフィーユ
厚みとしなやかさのある皮で包んだ「華興餃子」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。