体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あのゲームやスポーツにある?ない?「引き分けの世界」

2月27日から28日にかけて行われた将棋の第31期竜王戦で「引き分け」がありました。タイトル戦では22年ぶりだといいます。将棋で引き分けのルールが成立するのは

◯千日手(せんにちて)

両者が同じ動きを繰り返して局面が動かなくなった場合。

◯持将棋(じしょうぎ)

お互いが、”入玉(にゅうぎょく)”して、詰むことが難しくなった場合。

入玉とは、互いの王将が相手の陣地に入ることで、こうなるとなかなか詰むことが難しくなるため、取った駒の点数が同じ場合に双方の合意があれば引き分けが成立する、というルール。

今回は、420手で持将棋での引き分け。これは、記録が整っている1954年以降では最長記録(※通常100~200手で決着が付くもの。300手以上も珍しい)。対局時間は約19時間にも及び、翌日再戦となりました。

将棋に引き分けがあることを知らなかった人も多いのではないでしょうか。そこで、さまざまな競技・スポーツに「引き分け」があるのか? という雑学を調べてみました。

【囲碁】 引き分け:ある

「持碁(じご)」といって、囲った持の数が同じだと引き分けになります。が、囲碁は先手の黒が有利なため、不公平を無くすよう後手の白には最後に6目半という、いわばポイントが与えられます。つまり、最後までもつれたらこのポイントで白が打ち勝つようになっているので、基本的に持碁はありません。持碁はハンデキャップ戦などでみられます。つまり、プロではありえません。

【チェス】 引き分け:ある

実力者同士の対戦になると、引き分けは頻繁にあります。将棋と違い、取った駒を持ち駒として使えないので、局面が進むにつれ戦力が弱くなります。そうなるとチェックメイトでの終了が難しくなるので、双方の合意で引き分けに。また、互いにキングだけが残るなど、これ以上続けても決着がつかないと判断した場合、審判から引き分けを言い渡されます。

【オセロ】 引き分け:ある

マス目が64あるので、白と黒が32枚ずつで終わった場合は引き分けです。

スポーツ

多くのスポーツに、基本的に引き分けはありません。屋外スポーツでは悪天候などで試合が中止になった場合、例外として引き分けで終わるケースもあります。

勝利の規定得点を奪い合うスポーツ

勝利する得点に達した方に勝ちが決まるスポーツ。バレーボール、バドミントン、卓球、など、相手に2点差をつけなければ勝ちとならないものはデュースというルールで決着をつけるので引き分けは、まずありません。

試合時間などで区切られているスポーツ

サッカー、バスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボール、アイスホッケーなど。そして、先行・後攻で攻守を繰り返すスポーツ、野球、カーリングなどは、同点の場合は回を延長、あるいはどちらかが得点を奪ったら終了というのが普通です。

ただし、サッカーなど、引き分けでも“勝ち点”与えるという協会が定めたルールで終了する場合もあります。日本のプロ野球では時間無制限で延長12回までで決着がつかないときは引き分け。アメリカメジャーリーグでは決着が付くまで永遠と延長は続きます。

ゴルフはプレーオフで決着を付けるので引き分けはありません。

格闘技は少し変わっていてジャッジ(判定)で決める場合もあり、また決着ルールもよく変わります。

柔道は、試合時間内で勝負がつかなければ延長、ポイントを取るか指導が相手に行けば勝ち。昔は審判による旗揚げ判定でした。団体戦になると、大将までは時間切れ引き分けがあります。

ボクシングは、引き分けで絶対に延長戦をしないスポーツ。全ラウンド終了後、数人のジャッジが下したラウンドごとの合計点数で判定となり、同点だった場合は「ドロー」で終了。体力の消耗が激しいので延長はありません。

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。