体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

正直、車なんて全然いらない“都心of都心”に住む一児の母が、車を買ったらいいことだらけだった件

▲毎週必ず車で息子とお出かけ。歩けるようになったらディズニーランドデビューさせようと目論見中

▲毎週必ず車で息子とお出かけ。歩けるようになったらディズニーランドデビューさせようと目論見中

息子が生まれて生活が一変した筆者。出かけるときは常にずしりと重いママバッグを肩にくいこませ、病院や保育所を往復しています。

都心部在住の筆者はマイカーがなくても十分に生活できるのですが、遅刻しそうなとき、雨が降っているとき、寒すぎてつらいとき、ついめんどくさくなってタクシーを呼んでいました……。迎車料金410円+運賃の支払いでスイカが料金不足になる生活に疑問を抱きはじめ、ついに先日購入! 実際、車のある生活は便利で楽しく、その有用性は想像以上!

今回は、都心に住むママ目線で、車のある生活を率直にレポートします。

購入のきっかけは、息子に自然体験をさせたい!

子供が男の子。

これが車購入の最大のきっかけでした。子供が生まれ、この先どんなふうに育てるべきか考えました。

出産前の私は、大好きな新宿伊勢丹とスイーツと宝塚歌劇を無限ループするという生活を送っていたのですが、子供をそれに付き合わせるのは考えもの。

毎週末、伊勢丹で高級おもちゃをウインドウショッピングして、疲れたらカフェでお茶して……ってそんなOLみたいな育て方をしていたのではまずい!

男の子なら、体を動かすこと、自然に触れ合うことが成長過程において大切だと思ったのです。

山でカブトムシを捕まえたり、川で水遊びをしたり、キャンプやバーベキューもいいですね。

でも、私が住むのは都心of都心。自然体験にたどり着くためには距離がありました。

さらに、自然体験を楽しむには釣り用具、虫捕りカゴ、網、保冷バッグ、水着にテントなど、かさばる器具や遊具がつきものです。交通手段と輸送手段が必要でした。

そう、車です。

▲購入したのはBMW 320iラグジュアリー。執筆時点での中古車価格は総額150万~総額450万円ほど。自然体験だけでなく、そこに向かう道中の車内空間も家族の楽しい思い出になるのではと思い、購入に至りました

▲購入したのはBMW 320iラグジュアリー。執筆時点での中古車価格は総額150万~総額450万円ほど。自然体験だけでなく、そこに向かう道中の車内空間も家族の楽しい思い出になるのではと思い、購入に至りました

▲憧れだったBMW。エンブレムを見るだけでアガるー!!! しかし、ウインカーとワイパーが国産車と左右逆なので、しょっちゅうワイパー動かしちゃう

▲憧れだったBMW。エンブレムを見るだけでアガるー!!! しかし、ウインカーとワイパーが国産車と左右逆なので、しょっちゅうワイパー動かしちゃう

【車を買って変化したこと その①】夫婦の会話が増えた!

車のある生活によって、休みの過ごし方が一変しました。

かつては、休みの日になれば私は趣味の宝塚歌劇観劇へ、夫は趣味の山登りへと、桃太郎のおじいさんとおばあさんばりに行動を別にしていた私たち。

しかし、納車されたその日から、「どこ行く?どこ行く???」と、車に乗りたいがために家族揃って行動するようになりました。

そして、家族で過ごす時間や夫婦の会話が増えました。

というのも、運転中は車の揺れが気持ちいいらしく、子供がよく寝るんです。その間に、夫婦でしっかり話ができます。

しかも、お店のようにまわりの人に気を使う必要もないので、外では言いにくいこともガンガン話せるのがいいところ。

平日は夫が帰宅する頃には私が子供とともに寝落ちしていることも多く、落ち着いて話はできていないので、この時間で家族の予定、タスクの確認やその対応方針についてまとめて会話しています。

仕事か! っていうね。でも、はかどりますよ~。

【車を買って変化したこと その②】行動範囲が広がった!

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。