体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

航空機並みの頑丈さでiPhone Xを守るケース「Radius X」はミニマムデザイン

高価なiPhone X。落としてスクリーンにヒビが入るなどしたらショックだ。そんな事態を避けるには保護機能を持つケースを着用するに限る。

そこで今回紹介したいのが、航空機にも使われるアルミニウム素材でiPhone Xを守るケース「Radius X」。端末の背面全てを覆うのではなく、端末がほぼ全て露出するというミニマムデザインが特徴だ。

・特許申請中の技術

携帯を覆わないケースって?と思う読者もいるだろう。実は、Radius Xのフレームは「X」状で、四隅とレンズ部分にプロテクションがくるデザイン。つまり、背面がほぼ見えている状態だ。

こんなので端末を保護できるのかと不安に思うかもしれないが、開発元によると、落下時のダメージはコーナーに集中するのだという。Radius Xのコーナーとレンズ周辺のプロテクションは2重になっていて、さらにフレームがクロスすることで全体的な強度が確保されているとのこと。この技術は現在、特許申請中だ。

・手から滑り落ちにくい!

また、フレームが突起となっていることに加え、すべりにくい素材でもあることから、落下予防にもつながる。

それでいて、スリムなデザインなのでまったくかさばらず、重さはわずか4.4グラムだ。もちろん、iPhone Xのワイヤレス充電機能もそのまま使える。

Radius Xは米国のスタートアップが開発し、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。今なら69ドル(約7400円)〜の出資で入手できる。

すでに調達目標額は達成し、あと1カ月ほど出資を受け付けたのち、5月にも発送が始まる見込みだ。

Radius X/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。