体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

限定品盛りだくさん!ロフトの“文房具フェスティバル”が熱い


春といえば新生活の時期。新しいライフスタイルに合わせ、新たな文房具を買い足したり、新調したりと、一年の中で最も文房具を購入する季節なのではないだろうか。

今回、ロフトでは、文房具フェスティバル「文フェス」を3月17日(土)より開催!登場するアイテムは全てロフトでしか買えない限定品で、人気商品の限定カラーや限定デザインの販売、また、ロフトの30周年限定品の再販もされる注目のイベントとなっている。

登場する新商品をいくつか紹介しよう。

クオバディスの「ロディア×ナガバユウ」1404円~2592円(税込)は、アーティスト・イラストレーターのナガバユウさんのイラストを表紙にプリントした全4サイズが登場。※店舗限定


パイロットの「KAKUNO(カクノ)」1404円(税込)は、ペールトーンの限定色で、パッケージもオリジナルデザイン。


コクヨの「測量野帳」519円(税込)は、1959年に発売された文具好きなら知っている通好みのスケッチブック。オリジナルデザイン&カラーで登場。


再登場するのは、昨秋好評だったロフト30周年アイテム・ふえきの「ふえきくん」422円(税込)。ロフトのエプロンを着たデザインのふえきのりで、帽子まで全部黄色でとってもキュート。

「文フェス」は、3月17日(土)~4月下旬の期間、全国のロフト、ロフトネットストアにて開催。8ブランド・全48SKU(新商品)が登場する。

また、「文フェス」に合わせ、3月23日(金)~4月16日(月)の期間、渋谷ロフトにて『「併催企画」文房具の女子会(仮)』も開催。紙モノを中心に、通常渋谷ロフトで扱いのないアイテムや限定品が目白押し!各ワークショップも随時開催されるので、こちらもお見逃しなく。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。