体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

その手入れ、ちょっと待った!革靴の雨の日対策をプロに聞いてみた

防水スプレーを吹きかける。色褪せないように栄養クリームを塗るetc。靴の手入れをしたことがある人なら、なんら不思議はない、ごくごく普通の光景に映るだろう。でも、もし、これらの行為が間違っているとしたら、いったいどうするだろうか。今回はネットでも話題の某靴磨き店で教えてもらった、革靴の手入れについて考えたい。

雨の日対策に防水スプレーが革を傷めてしまう?

そもそも革製品にとって雨は大敵だ。水が染みてしまうと、シミや色落ちの原因になる。それゆえ防水対策として、一般的には防水スプレーが広く浸透している。雨の日前にきまって防水スプレーを吹きかけるという人も少なくないはずだ。しかし、それはどうやら素人判断のようで、某靴磨き店によると、革靴に防水スプレーはNGだという。

「防水スプレーが水をはじくのはコーティングをしているからなんです。でも、それはタンパク質である革製品にとって呼吸ができなくなる行為。革が傷んでしまうからスプレーは避けたほうがいいんです」。役に立つ話が聞けて「へーっ」という反応だったが、すぐに別の疑問が浮かんだ。防水スプレーを使わない=革靴がノーガード状態となるが、雨が降った場合、どうすればいいのだろうか。

ブラウン系は危険、せめて履くなら黒がいい

返ってきた答えは意外とシンプルで、「雨の日に革靴は履かない」というものだった。できれば雨の日用の靴を用意しておくか、履きつぶし用のものを一足持っておくのがいいという。オススメはシミなどが目立ちにくい黒系の靴で、ブラウン系は極力履かないほうがいいそうだ。市販の着色クリームを使うのはどうかと尋ねてみたが、同じ色合いにはならず、むしろ“まだら”になるからオススメしないと言われた。

靴の手入れに「栄養クリーム」は絶対ではない

栄養クリームも靴によっては合わないものがあるので、必ずしも必要ではないという。むしろ、日常的に手入れをするならば、水拭きをする程度でいいと言われた。

「靴を長持ちさせたければ、2~3カ月ごとに持ってきてもらったほうが確実ですよ」と遠回しに営業をされたが、金額も安く、サービスもよかったので、正直イヤな感じはしなかった。たしかに靴を大事にしたければ、下手に自分で手入れして失敗するより、プロにお願いしたほうが結果的にコストはお得かもしれない。

それでも手入れせざるを得ないならどうするか?

今回訪れた某靴磨き店はネットでも話題で、某大手企業の経営者などがファンだというのもうなずけた。とはいえ、近くに靴磨き店がない場合はどうすればいいのか。結論としては、やはり自分で手入れせざるを得ないのだろう。

ただその際も、今回の教えを踏まえて、「大事な革靴にはスプレーをしない」「着色クリームは塗らない」と、自分なりの“やってはいけない禁止事項”をつくるしかない。市販のオイルやブラシもあるので、自分でここまではやってもいいと制限をつけて、それ以外は任せるほかない。

ネットには、革靴を丸々水洗いするなど、革製品の扱いではタブーとされる方法もあったりしたが、正直、それで靴が長持ちするか、自分好みの状態になるかはわからない。どうしても自分で手入れをする際は、「代わりが効く靴」で、「自己責任」のもとやるしかないのだろう。Hot-Dog PRESS(ホットドッグプレス) 2017-05-12 発売号
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。