体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新譜でまとめました。2018年春のガルバンまつり

やって来ました、春本番! 卒業、入学、進級、就活、出会い、別れ、お花見、確定申告、年度末などなど慌ただしい季節ではありますが、キリッと清々しい気分を胸に日々乗り切っていきたいものですね。そんなわけで、今回は春の装いにプラスするとよさそうな女性ヴォーカルバンドの新譜(2018年リリース)をピックアップ。ガールズロックという枠に収まらないイチオシの5組で、春キュンしてくださいませ~!
ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲 (okmusic UP's)
「ワタシフルデイズ」(’18) /クアイフ

昨年メジャーデビューを果たしたクアイフのニューシングル「ワタシフルデイズ」は、新生活を前にした今の季節に聴きたい爽快なアップナンバー。もし日々の暮らしの中で自分らしさを見失ってしまったのなら、それを取り戻すきっかけになってくれるかもしれません。インディー時代の「Wonderful Life」を文字っているようだし、実際オマージュ的な鍵盤が出てくるあたりもニヤリ。一人称を“私”で歌う点に強い決意を感じたりもします。
「庭をでて」(’18) /The Wisely Brothers

カラフルでポップなナンバーが目立つようになり、いよいよ頭角を現してきた感じのThe Wisely Brothers。「庭をでて」はメジャーデビューを飾る初のフルアルバム『YAK』のリード曲で、Vampire Weekend好きな若者からThe Whoを愛するロックオヤジまでをも一瞬で虜にしてしまいそうなパキッと太い音像、グッドメロディーがたまらない仕上がりです。弾むようなビート、清々しいコーラスが春のウキウキとリンクしませんか?
「バンド売れたい」(’18) /密会と耳鳴り

下北沢SHELTERの主宰レーベル、SHELTER UNITEDの再始動第一弾として3月にミニアルバム『NEW』をリリースする“バイオレンスパンク”バンド、密会と耳鳴り。そのリード曲「バンド売れたい」は彼女たちの切実な願いがモロに出ていて、ゴリゴリのメタルモードからいきなり超ハッピーなサビへ切り換わるところを含めてとにかく思い切りがいいので、新しい季節をナニクソ根性で駆け抜けたいときに合うかも。MVも観ての通り、いろいろ凝っています。
「尼将軍の恋」(’18)/指先ノハク

指先ノハクも下北沢SHELTERと縁あって、密会と耳鳴りと同タイミングでSHELTER UNITEDからのリリースが決定! そのミニアルバム『TAMAMONO』(プロデューサーは中尾憲太郎!)は“和”がテーマになっているので、北条政子の生き様に想いを馳せた「尼将軍の恋」をはじめ、春の儚いムードに合うナンバーも多いと思います。同作に収録の“花が咲きそうな気配”をヒントにした「HANAMOYOI」なんか、この春に映えること間違いなしですよ。
「6」(’18)/FALSETTOS

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。