体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本映画音楽界の巨匠・大野雄二、松崎しげる、ダイアモンド☆ユカイが登壇!『角川映画シネマ・コンサート』制作発表会見レポ

『犬神家の一族』をはじめ、角川映画3作品の名場面に合わせて生演奏が楽しめる『角川映画シネマ・コンサート』(4月13・14日/東京国際フォーラム ホールA)の制作発表会見に、大野雄二さん、松崎しげるさん、ダイアモンド☆ユカイさんが登壇。当時の楽曲制作秘話やコンサートの見どころ解説、さらには恐ろしい!?“スケキヨ”バースデーケーキのサプライズに沸いた会見の模様をお届けする。

角川映画の名シーンがオーケストラ生演奏で蘇る!

『角川映画シネマ・コンサート』は、アニメ『ルパン三世』の音楽制作でも知られる日本映画界の巨匠・大野雄二さんが同時期に音楽を手掛けた角川映画初期を代表する3作品『犬神家の一族』(1976)、『人間の証明』(1977)、『野性の証明』(1978)の名場面を、オーケストラの生演奏と共に堪能できる角川映画初のシネマ・コンサート。

総勢約50人の「“SUKE-KIYO”オーケストラ」を引き連れ大野さん自身も鍵盤奏者として演奏するほか、『野性の証明』の主題歌『戦士の休息』を松崎しげるさん、『人間の証明のテーマ』をダイアモンド☆ユカイさんが歌唱。公演には『犬神家の一族』で主演を務めた石坂浩二さんも駆けつけ、スペシャルトークを行う。

制作発表会見の受付風景。スタッフは全員“スケキヨ”のお面でお出迎え

制作発表会見に登壇した株式会社KADOKAWA代表取締役井上伸一郎専務執行役員は、「角川映画の代表作といっても過言ではない3作品のシネマ・コンサートを開催できることを大変嬉しく思っております」と挨拶。

株式会社KADOKAWA代表取締役井上伸一郎専務執行役員

「『犬神家の一族』が上映された時は、高校三年生。当時の少年はみんな真似をしたと思いますが、私もプールで逆立ちをして足を突き出して遊んでおりました。『人間の証明』においてはジョー山中さんの歌声、『野性の証明』については薬師丸ひろ子さんの可愛さに釘付けになった思い出があります」と、当時の記憶に思いを馳せた。

大野雄二が語る市川崑監督「音を出すたび『違う』と言われた(笑)」

続いて登壇した大野さんは公演への意気込みを聞かれ、「あんまり意気込むタイプではないので、ごく普通にやりますけどね」と、フランクにトークを開始。「ふだん一緒に仕事をしているメンバーで、色々なジャンルが入り交じったオーケストラなので、アレンジを変えたり、その場での雰囲気でアドリブを入れたり。かなり楽しめるコンサートになると思います」とアピールした。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。