体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「天国の大杉漣さんに」竹原ピストル、国技館で『バイプレイヤーズ』主題歌を熱唱

「天国の大杉漣さんに」竹原ピストル、国技館で『バイプレイヤーズ』主題歌を熱唱
豪華アーティストによるギター弾き語りの競演「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜 supported by azabu tailor」が、3月10日(土)、両国国技館にて開催されました。ここでは6組目に登場した竹原ピストルのステージを紹介します。

Tシャツにジーパン、頭にはタオルというシンプルな姿で土俵入りした竹原。叩きつけるかのように激しくかき鳴らすギターは打楽器を兼ねているかのように重いリズムを生み出し、1曲目の「LIVE IN 和歌山」がスタート。観客は歓声を忘れるほどの力強いパフォーマンスに圧倒されます。

立て続けに披露したのは「よー、そこの若いの」。その熱い歌詞に会場のボルテージも上がり、自然と沸き起こる大歓声。観客を落ち着かせる間もないまま3曲目の「みんな〜、やってるか!」に突入。リズミカルでアッパーなギターは座っていられないほど心と体を踊らせます。

4曲目は「最近、書いた曲ですが、ほかでもなく身も蓋もなく、こうしてライブを見てくださっているみなさんに感謝の気持ちを伝えるべく書いた曲」(竹原)という新曲、「ぼくは限りない〜one for the show〜」。

アルペジオから始まったのですが、なぜかなかなか歌い出さないままストップ……。静まりかえる会場に「ときどきこうやって、長縄跳びに入れない人みたいになっちゃう(笑)」と、お茶目にこぼした竹原に会場からは大きな笑いと歓声が。

気を取り直して歌い上げられたナンバーは、「あなたが居てくれる限り 僕は限りない」など竹原らしい言葉や、間にラップを挟むなど遊び心が詰まった新たな名曲だった。

180312_PistrolTakehara_002.jpg

「Amazing Grace」では静かなギターのメロディに振り絞るような力強い声を合わせて、アウトロではブルースハープも披露。パフォーマンスの幅広さを見せます。

歌を始めた北海道での下積みの頃、お世話になったフォーク小屋のママさんに向けて歌った曲「ママさんそう言った 〜Hokkaido days〜」をはさみ、テレビ東京のドラマ『バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜』の主題歌の「ゴミ箱から、ブルース」を披露。ドラマには先日、急逝された大杉漣さんが出演していました。竹原は「天国にいる大杉 漣さんに届くように」と、同曲を捧げました。

「LIVE IN 和歌山」からラスト「ドサ回り数え歌」まで、魂を削って歌い上げたと言っても過言ではない全8曲。すべての観客が心を揺さぶられた圧巻のステージでした。

このライブの音源は、ラジオ(J-WAVE)とテレビ(BS朝日)でオンエアが予定されています。3月24日(日)の23時―27時、J-WAVEの番組「azabu tailor TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜」(ナビゲーター:グローバー)で、イベントの模様をギュッと凝縮したスペシャルプログラムでオンエア!

さらに「CSテレ朝チャンネル1」で、3月31日(土) 21時ー24時まで、特別番組として放送します。どうぞ、お楽しみに。

■セットリスト

1. LIVE IN 和歌山
2. よー、そこの若いの
3. みんな〜、やってるか!
4. ぼくは限りない〜one for the show〜
5. Amazing Grace
6. ママさんそう言った 〜Hokkaido days〜
7. ゴミ箱から、ブルース
8. ドサ回り数え歌

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜 supported by azabu tailor」
http://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2018/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。