体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤原さくら、国技館の花道で四股! 「一生に一度のいい経験」

藤原さくら、国技館の花道で四股! 「一生に一度のいい経験」
豪華アーティストによるギター弾き語りの競演「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜 supported by azabu tailor」が、3月10日(土)に、両国国技館にて開催されました。ここでは、藤原さくらのステージの模様をお届けします。

MCのグローバーから名前が告げられると、藤原は花道で四股を踏み、大きな声援が起こりました。円形のステージ上に置かれた椅子に座り「500マイル」「Firewood」を披露。特に「Firewood」は全編英語で、観客の注目を大いに浴びていました。

歌い終わると「みなさん、こんばんは。藤原さくらです! さっき四股を踏みましたけど、いい四股だったと思います(笑)」と挨拶。3曲目の「春の歌」は、スピッツの名曲を藤原流にカバー。文字通り、藤原の歌声は春の到来を彷彿とさせるものがあり、場内は温かい手拍子に包まれました。

ここで円形ステージが180度回転。藤原は「すごい! まわってます!」と嬉しそうにしつつ、2月にリリースした配信限定シングル「The Moon」へ。会場から「さくらちゃーん」とコールが起こる中、「嬉しいな。一生に一度のいい経験になりました。このあとも、楽しんでいってください」とお別れの挨拶。ラストは「かわいい」を歌い切り、大歓声の中、ステージを終えました。

180312_SakuraHujiwara_002.jpg

このライブの音源は、ラジオ(J-WAVE)とテレビ(BS朝日)でオンエアが予定されています。3月24日(日)の23時―27時、J-WAVEの番組「azabu tailor TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜」(ナビゲーター:グローバー)で、イベントの模様をギュッと凝縮したスペシャルプログラムでオンエア!

さらに「CSテレ朝チャンネル1」で、3月31日(土) 21時ー24時まで、特別番組として放送します。どうぞ、お楽しみに。

■セットリスト

1. 500マイル
2. Firewood
3. 春の歌
4. The Moon
5. かわいい

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜 supported by azabu tailor」
http://www.j-wave.co.jp/special/guitarjamboree2018/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。