体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本が誇る防衛力対決 陸海空の筋肉自慢が競い合う「自衛隊ベストボディ2018」開催決定

日本が誇る防衛力対決 陸海空の筋肉自慢が競い合う「自衛隊ベストボディ2018」開催決定

 日々訓練に励む自衛官たちが、その鍛え上げた肉体美を競い合う「自衛隊ベストボディ2018(JBB2018)」が開催されます。 場所は「CLUB DIANA」(東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービルB2・B3)で、開催日は2018年7月16日(月・祝)を予定。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 自衛隊ベストボディは、自衛隊婚活イベントを企画・運営する株式会社フュージョンアンドリレーションズ運営の、非営利団体「自衛隊ベストボディ部」が主催。自衛官の筋肉トレーニングに対するモチベーション向上および、国民への披露の場として企画されています。開催されるのは、2017年に続き2回目。2017年の第1回大会では陸上自衛隊の森光慶選手が初代総合グランプリに輝きました。

 出場資格はもちろん自衛官であること。陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊から名乗りを上げた精鋭たちが、今年も熱い戦いを繰り広げます。

 また、今年は第2回ということもあり、己が所属のプライドをかけて、昨年王者を輩出した陸上から栄冠を奪取すべく、海上、航空からは昨年以上の精鋭らが送り込まれることも予想されます。元は負けず嫌いの自衛官同士、いくら個人競技といえども、陸海空それぞれの看板を背負って出る以上、所属同士の目に見えない戦いは避けられません。ある意味この大会の見所の一つといえるでしょう。

 エントリーは既に開始されており、締め切りは2018年6月15日(金)20:00まで120名の先着順。出場料は5000円(税込)です。

 コンテスト区分は「総合クラス」で18歳から39歳の自衛隊員が対象。防衛大学生は卒業後の所属先でエントリーが可能です。そして第2回から新たに「マスターズクラス」も採用されました。40歳~定年までの自衛隊員が対象。

 審査は特別審査員(80%)と一般観客(20%)の投票により順位が決定。一般参加者の受付も既に開始されています。

 陸海空の筋肉自慢たちが繰り広げる、超平和的戦い。陸上自衛隊は今年も勝者を輩出できるのか?陸海空の中でも特に負けず嫌いと評判の海上自衛隊はどんな精鋭を送り込むのか?頭脳派集団といわれる航空自衛隊はどんな秘策を打ってくるのか?

 参加受付、一般参加者の観覧受付ともに「自衛隊ベストボディ部公式サイト」で行われています。


関連記事リンク(外部サイト)

帰国した平昌五輪オランダ代表チーム代表を空軍戦闘機がエスコート
アメリカ陸軍がUH-72Aラコタを35機追加発注
ドイツで新しい対空ミサイルシステムを開発

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。