体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

専門学校の夜間で学ぶってどんな感じ?昼間部との違いを徹底調査

夜間部生にはどんな人がいるの?

 

専門学校には夜間に学べる『夜間部』があるって知ってる?

 

夜間部とは、日中は授業をおこなわず、平日の夜18時ごろから21時ごろにかけて授業をおこなっているところ。

 

「進学しようか就職しようか迷っている」「集中して学びたい」「学費の面で進学に不安がある」という人に進学の選択肢の一つとして紹介したいのがこの夜間部。

 

高校卒業後すぐにいくイメージをもっていない人もいるかもしれないが、実際のところ、夜間部生のうち27.0%(※東京都内の専門学校の場合)が高校卒業後すぐの学生なんだそう。

 

これは、高校既卒者の24.5%、大学卒者の28.2%とほとんど同じくらいだ。

 

【専門学校 夜間部入学者の学歴】

 

専門学校 夜間部入学者の学歴

※平成28年度 専修学校各種学校調査統計資料

 

「学ぶ」と「働く」が両立できる、学費が昼間部と比べて安い傾向にある、幅広い年齢層の人と一緒に学べる、短時間で集中して学べる、など夜間部ならではの魅力もいっぱい。

 

その一部をここで紹介しよう。

 

修業年限は2年制が最も多く、3年制、4年制も

夜間部は設置学科が限られ、定員規模も小さいが、それでも『教育・社会福祉関係(保育・社会福祉)』『医療関係(歯科技工・歯科衛生・柔道整復・理学療法・作業療法)』『衛生関係(理容・美容)』『工業関係(建築・情報処理・IT)』『商業実務関係(旅行・ホテル・観光)』など、さまざまな学科で夜間部がある。

 

多くの専門学校・学科は2年制となっているが、なかには3年制・4年制という学科もある。

 

修業年限は、取得できる・取得を目指す資格によって決まるものと覚えておくといい。

 

 

幼稚園教諭や保育士を目指す学科は3年制、理学療法士や作業療法士、はり師・きゅう師を目指す医療系学科は4年制が多く見られる。

 

しかし、同じ理学療法士・作業療法士でも3年制の学校もあるなど修業年限は学校によってまちまちなので、希望分野や希望校をそれぞれしっかりチェックしておこう。

 

取得できる資格、就職実績は昼間部とほぼ同じ

オープンキャンパス一人でいくのは心細い!? オープンキャンパス同伴者ガイド【一人編】

 

夜間部の入試は、AO入試、推薦入試、一般入試を設けている学校が多く、これは昼間部とほぼ同じと言える。

 

学ぶ量で昼間部との違いがないので、美容師・保育士・作業療法士などの国家資格をはじめとして取得できる・取得を目指す資格も昼間部と変わらない。

 

もしかしたら不安に思っている人がいるかもしれない「就職率」も、昼間部と同じか、または夜間部のほうが高い学校もあるほどなので安心しよう。

 

では、夜間部と昼間部の違いは?

 

当然と言えば当然だが、授業のスタート時間と授業数が大きく変わってくる。

 

以下、夜間の時間割を一部紹介するのでチェックしてみよう。

 

授業は18時~21時30分。1日2~3コマが一般的

専門学校の夜間で学ぶってどんな感じ?昼間部との違いを徹底調査
1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。