体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

当たりもあるがハズしも多い変わり味豆乳。『キッコーマン 豆乳飲料 チョコミント/ココナッツ/シナモン』は果たして…!?

2011年に紀文からキッコーマンにブランド変更はあったものの、一貫して青臭くて飲みにくい豆乳を美味しくしてきたキッコーマン(元・紀文)の豆乳。そのための変わり味試行錯誤はほぼ無限かと思われるほど。ただ正直、今までハズしも結構あった。なので『キッコーマン 豆乳飲料 チョコミント/ココナッツ/シナモン』の3種類は当たりなのかどうか、試してみたい。

デザート感覚の豆乳というコンセプトで誕生したスイーツ感覚のバリエーション

ほぼ無限に広がっていくかのように思えるキッコーマン 豆乳飲料シリーズ。ホームページを確認すると、現行ラインナップは28種類。たださりげなくラインナップから消えているものもある気がする。

今回取り上げるのは、3種類。キッコーマン飲料株式会社『キッコーマン 豆乳飲料 チョコミント/ココナッツ/シナモン』(各200ml・希望小売価格 税抜各90円・2018年2月19日発売)だ。それでは期待に胸を膨らませながら飲んでみよう。

これらは純粋な豆乳ではなく、豆乳飲料。なので同種の乳製品よりは低カロリーだが、それなりにカロリーはあるので注意。糖質も高めだ

 

『キッコーマン 豆乳飲料 チョコミント』

アイスクリームのチョコミントも、メーカーによってその仕上がりは様々。美味しいものもあれば、素っ頓狂な味わいのものもよくある。大前提として歯磨き粉の味がすると、嫌う人も多い。

 

 

またドリンク系でもチョコミント味は変わり味として登場するが、やはりアイスじゃないと再現が難しいらしく、定着したものはほぼないのが現状。さて、クセのある豆乳にクセのあるチョコミント、マイナス×マイナスでプラスになるのか。

ストローをグッとさして、一気に吸い込む。豆乳が苦手な人はここでおっかなびっくりするからいけない。舌の真ん中からノドへ流し込むように飲むと、クセはあまり感じないもの。ただでさえキッコーマンの豆乳は飲みやすいので、そうして飲めば美味しく感じやすい。

 

 

で、驚いた。これがチョコミントアイスの味過ぎて。冷蔵庫でよく冷やしておいたせいもあると思うが、ミントの爽快感が喉奥までスーッと突き進み、チョコレートの甘さがパーッと広がる。これはとても美味しい。正直期待していなかっただけに、余計に美味しく感じる。

 

 

『キッコーマン 豆乳飲料 ココナッツ』

非常に美味体験ができたので、気分が上がったところでココナッツ。これもまたクセの強い食材としておなじみ。記者もタピオカが入っていれば好きなのだが、単体のココナッツミルクは香りが苦手。どうしても飲み物ではない範疇に感じてしまう。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。