体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

石畳が残る粋な街、神楽坂のおすすめグルメ&お土産スポット散歩

石畳が残る粋な街、神楽坂をのんびりと半日散歩してきた
昨今、訪れる人が増加している注目のスポット、神楽坂。渋谷や浅草ほどではないものの、観光で訪れる外国人も頻繁に見かけるようになりました。神楽坂の魅力はなんといっても、古い町並みと東京の「今」が混在しているところ。大通りから一歩小道に入ると、江戸の面影が残る景色に出会えることも。そんな神楽坂を半日散歩して出会った素敵なスポットを5つご紹介します。

見ているだけでテンションが高まるアイテムがいっぱい! la kagu(ラカグ)

石畳が残る粋な街、神楽坂をのんびりと半日散歩してきた
東京メトロ東西線「神楽坂」駅2番出口の目の前にある la kagu(ラカグ)は、ファッションや雑貨、家具などのショップ、ブックスペース、レクチャースペースのある神楽坂で人気のスポット。 la kaguは1960年代に建てられた新潮社の倉庫だった場所をリノベーションして作られたキュレーションストアです。木のぬくもりを感じる開放感あふれる空間で、のんびりとおしゃれなアイテムを探しながら、ショッピングできます。

石畳が残る粋な街、神楽坂をのんびりと半日散歩してきた
また外の広い階段では、本を読んだり、座ってくつろげるようになっています。この日は、1Fのカフェでテイクアウトしたコーヒーを飲んで談笑する女性たちと撮影し合うカップルを目撃。思いおもいにくつろげる場所として、しっかりと活用されている様子でした。

la kagu
住所 東京都新宿区矢来町67番地
東西線神楽坂駅 2番出口(矢来口)正面

電話番号
SHOP 03-5227-6977
CAFE 03-5579-2130

営業時間
SHOP 11:00 – 20:30
CAFE 11:00 – 20:30(L.O 20:00)

親子丼が絶品! 情緒あふれる芸者小道の途中にある「別亭 鳥茶屋」

石畳が残る粋な街、神楽坂をのんびりと半日散歩してきた
ランチは隠れ屋のような料亭「別亭 鳥茶屋」で名物の親子丼を味わうことに。趣のある店構えで、一人で入って大丈夫だろうか、と少し心配になりましたが、お店のスタッフが笑顔で迎えてくれて、ホッと一安心。オーダーして、10分ほどでデザート、香の物、味噌汁がついた親子丼が運ばれてきました。

石畳が残る粋な街、神楽坂をのんびりと半日散歩してきた石畳が残る粋な街、神楽坂をのんびりと半日散歩してきた
ふんわりとした卵がたまらない親子丼は、卵とご飯の間に刻んだ海苔が敷いてあります。その海苔とやや甘めの割り下がしみ込んだ卵と鶏肉、ご飯を一緒に食べると「美味しい」という言葉しか出てきませんでした。

この親子丼、じつは本店では食べることができません。芸者小道にある別亭でのみ味わえます。気になる親子丼の値段は、なんと980円! 金額以上の贅沢を堪能できましたよ。

別亭 鳥茶屋
住所 東京都新宿区神楽坂3-6
電話番号 03-3260-6661(10:15~22:00)
営業時間
平日(月~金) 11:30~14:30(L.O. 14:00) 17:00~22:30(L.O. 21:30)
土      11:30~15:00(L.O. 14:30) 16:00~22:30(L.O. 21:30)
日・祝日   11:30~15:00(L.O. 14:30) 16:00~22:00(L.O. 21:00)

石畳の道、黒壁に囲まれた料亭が残る「かくれんぼ横丁」

石畳が残る粋な街、神楽坂をのんびりと半日散歩してきた
「別亭 鳥茶屋」からほど近い場所にある「かくれんぼ横丁」。ここはもっとも神楽坂らしい場所のひとつだと言えます。江戸時代には、花街として栄えた神楽坂。その面影がここかくれんぼ横丁には残っているのです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。