体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アナログで楽しめるおもしろ無線のジャンルは?

アナログで楽しめるおもしろ無線のジャンルは?

無線通信というと警察・消防・自衛隊といったイメージがあります。しかし、実際には街を走るタクシーや路線バス、鉄道や旅客機などの交通機関はもちろん、ショッピングセンターやイベント会場、果ては居酒屋の店内など、身近なところで無線は使われているのです。無数の電波が24時間飛び交っています。

おもしろ無線で業界のウラ話を聞く

これらの電波をキャッチして交信内容を聞くのが「受信」という趣味。もちろん、すべての電波が聞けるわけではありません。データ通信やデジタル化された音声通信は、受信しても「ザー」というノイズが聞こえてくるだけです。

とはいえ、ここ1年で、かなりのデジタル方式の電波が聞けるようになってきました。それでも受信して音声が聞こえてくる大多数は、アナログ方式の電波です。これらの聞ける電波を「おもしろ無線」と呼んでいます。

その名の通り、聞いて面白い無線だからです。その内容は、各業界の専門的な会話や決してオモテには出てこないウラ話など。無線でなければ聞けない内容ばかりです。これらの交信を聞いて、世の中のウラ側を楽しむのが受信という趣味なのです。

交通機関のおもしろ無線が航空無線

アナログ無線が残っているおもしろ無線のジャンルは、公共機関であれば消防無線(署活系)や防災無線(市町村)、官公庁無線、ライフライン無線。消防無線は2016年にデジタル化されましたが、現場の隊員間で使われる署活系がアナログ波で残っています。

交通機関のおもしろ無線では航空無線(民間・軍用)、鉄道無線(JR・私鉄)、バス無線(路線・観光)、船舶無線(国際VHF)です。航空自衛隊が使用するミリタリーエアーバンド(軍用航空無線)はアナログ波で、その全貌を受信できます。

このほか、民間企業のおもしろ無線のアナログ無線は、レジャー無線やマスコミ無線、警備無線、レース無線です。簡易無線が使われるイベント会場は、アナログ波とデジタル波が混在。聞けるデジタル波が多いことも特徴です。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
自販機の裏ワザ「デバッグ法」は存在するのか?

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。