体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

暮らすように旅をしたいとか言いつつ、「おもてなし」も受けたい。

暮らすように旅をしたいとか言いつつ、「おもてなし」も受けたい。

今や、気軽に旅に出られるようになっています。そして、この言葉がより多くの人を駆り立てました。

「暮らすように旅しよう。」

そう、“民泊”の概念を一般的にしたAirbnbによるキャッチコピー。テクノロジーを最大限に活用したサービスは、たくさんの人が憧れていた(であろう)ことを驚くほど簡単に実現させました。

そして、サンフランシスコのアパートから始まったAirbnbは、創業10年という節目を迎え、新たな一歩を踏み出すようです。

アップデートされる
「旅」の概念

去る2月22日(木)、サンフランシスコでAirbnbは、2028年までに年間のゲスト数10億人突破を目指すための数々の施策を発表しました。

なかでも特筆すべきは、最高のおもてなしを受けられるかどうかが分かるようになる「部屋のグレード」の追加でしょう。具体的にいえば、「Airbnb Plus」と「Beyond by Airbnb」というもの。

まず前者のグレードは、清潔さや快適さ、デザインなどの幅広い項目がチェックされるホームインスペクション(住宅診断)で、100点以上を取得した部屋につけられるとのこと。公式にAirbnbから認証された場所を選ぶことで、信頼できる寝床、親切なホストに出会える可能性が高まるそうです。暮らすように旅をしたいとか言いつつ、「おもてなし」も受けたい。暮らすように旅をしたいとか言いつつ、「おもてなし」も受けたい。暮らすように旅をしたいとか言いつつ、「おもてなし」も受けたい。

そして、「Beyond by Airbnb」はこのようなコンセプトなんだとか。

「最高級のお家や、カスタマイズされた体験、世界クラスのホスピタリティを通し、自分のためだけにデザインされた究極の旅を提供します」

今までよりもランクが上のグレードを追加することで、富裕層の支持を得ようとしている考えも予測できます。だけど、おそらく本当に狙っているのは、ユーザーのニーズにより詳細に応えるというポイントかもしれません。言い換えれば、ありのままの自分の願いを叶えてくれる。

昨今のたくさんの旅行サービスを支えているのは、テクノロジーの発展。その影響は格安旅行ばかりに目が向きがちですが、ツアーパッケージでは実現できなかった贅沢な、もっと言えばワガママな旅も体験できるようになっています。

暮らすようにする「旅」は、さらにアップデートされていくのかもしれません。Licensed material used with permission by Airbnb

関連記事リンク(外部サイト)

泊まらないAirbnbの「体験」がすごかった
探勝、見和ぐ、壮挙。「旅する日本語」って?
試しに無料で「移住」してみる。手っ取り早く、人生を変えるサービスがこれ。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。