体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!

「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!

宮崎市から220号線を南下。キラキラ眩しい日南海岸線をドライブしていると見えてくるのが「旧 潮小学校」。2011年に廃校になり、120年の歴史に幕を閉じたそうです。

その廃校は、2014年に「潮の杜(うしおのもり)」としてリノベーションされ、子どもから大人までコミュニティ交流や、自然体験ができる “場” として生まれ変わりました。

「300年後も、子どもたちがこの海で遊べるようにしたい。こういう山や海の環境を残していくことも、都会が進化していくことと同じくらい価値があることだと思うんです」

「昔は良かった」
なんて…僕は言えないな

「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!

現在、「潮の杜」には校舎や校庭のスペースを使った、様々な施設があります。キャンプ場からタイ料理屋、フレグランスショップ、フラ教室、シーカヤック工房、ネイチャーガイドの受付まで。

案内してくれたのは、代表の小椋祥司さん。かつてはハワイやオーストラリアを拠点に、世界を旅しながらウインドサーフィンのプロとして活動していたそうです。日本に戻ってきてからも “いい波” を求めて家族4人でキャンピングカー生活をしたり。

「海沿いを旅しながら、最終目的地は宮崎。生まれは延岡の自然に囲まれたところだったんですが、ハワイに住んでいたときも、つねに人と自然の共生を感じていました。僕は…僕らの世代は、もう楽しいこと存分にやったんですよ。まぁこれからもやるんですけど(笑)。ただ、次の世代もそういうライフスタイルができるような環境を残してあげないと。『昔は良かったね』なんて、僕は言えないな…」

そんな小椋さんが、地域の自立を目指しながら、コミュニティと自然に触れ合う環境を作るために活用しているのが、「潮の杜」なんです。

 

いくつか施設を見てみましょう。

01.
教室で絶品タイ料理?
「ギンカーオ」

「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!

「ギンカーオ」では、懐かしい教室の雰囲気をそのままに、本格的なタイ料理が味わえました。

市外や県外からのお客さんも多いようで、意外なほど(と言ったら失礼か)おいしい、と評判。甘みと辛みのバランスが良くて、客層も幅広いそうです。「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!

パット・ペット・ムー・マラコ。日本語にすると「豚肉と青パパイヤの辛みハーブ炒め」。

食べ進めるうちに額からジワッと汗が出てくるちょうどいい辛さで、ごはんも進みます。他にはグリーンカレーなども人気メニューのひとつ。「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!

店名にもなっている「ギンカーオ」は、タイ語で「ごはん行くよ」というような挨拶的な言葉で、以前店主がタイの料理屋さんで働いていたとき、店のオーナーの口グセがこれだったそう。

給食気分で、ぜひ。

ギンカーオ
住所:宮崎県日南市富土4028-4 潮の杜1F-7
電話:090-8639-5614
定休日:火曜日(その他はFacebookにて告知)
ランチ 11:00-15:00(Order Stop 14:30)
ディナー 18:00-21:30(Order Stop 21:00)

02.
職員室に広がる
「日南の香り」

「300年後も子ども達が遊べるように」。廃校をリノベーション!
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。