体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

90s Memories : Sony Archives

IMG_3683

IMG_3682
©Ginza Sony Park Project

近年アナログコンテンツブームが顕著化しているが、その牽引役となっているのは実はデジタル・ネイティブ世代だ。デジタルツールやクラウドサービスの定着化による揺り戻しとして、温かみや味わいのあるアナログ機器が心揺さぶる。テクノロジーによって文化革新が起こり、回帰していく現象は今に始まった事ではなくその局面に現在我々はまた居合わせているのだ。
技術面とデザイン面ともに常に時代の旗手でありつづけるソニーは歴代のモデルをエピソードと共に展示している資料館を有している。ソニー創業にまつわる数々の著書や、館内に展示されている人材募集広告「『出るクイ』を求む!」(1969年掲載)からも革新的な姿勢がうかがい知れるが、その姿勢を一番強く反映しているのは歴代のプロダクトだろう。
今回のテーマである90年代の製品中心に何故いまアナログが人々に求められているのか、そして文化革新の独創性となる源とは何か、ヒントを探しに伺った。

Recently, the analog contents boom has become evident – the driving force of this is the digital natives’ generation. As a backlash from the fixation of digital tools and cloud services, analog machines shake our hearts with a certain familiar warmth. From technology, came the Cultural Revolution and the phenomenon in which we tend to return to origins is not something that has just begun today. Instead, we are simply present again.
Sony, always the flag-bearer in both technology and design, has a museum that showcases models of history along with its episodes. From books that surround the Sony founders as well as “Requesting ‘Deru kui’!” (1969), a recruitment advertisement shown in the building, we can see its revolutionary stance. Successive products are what strongly reflect this stance the most.
We set off to search for the theme of why analog products, specifically products from the 90s, are wanted by people, and what the main source of the originality of the Cultural Revolution is.

——歴代のプロダクトを拝見して、今見ても遜色ないデザインや機能性に驚きました。ソニーの「時代を先導する」という精神がみて取れます。まず商品開発についておうかがいしたいのですが、固定のチームという形態なのでしょうか?

広報担当(以下略)「既存カテゴリーの商品開発や商品企画は基本的には事業ユニットが行い実際に自ら試作するといった流れなのですが、新しい商品やサービスの提案は担当部署など関係なく社内の誰がやっても良いことになっています。誰もが参加できる社内オーディションが設けられていて、勝ち抜けば商品化のプロセスに乗るというシンプルな体制です。例えば現在の新規事業としてwena(2016年発売 http://wena.jp/)というアナログ時計のベルト部分にスマートウォッチの機能を搭載させた製品がありますが、これはデバイスやガジェットが大好きな若手社員が、あったらいいなと思っていた商品のアイデアが社内オーディションを経て実際に商品化されたものです。まずはとにかくアイデアが重要で、広いところから集め良いとなったら皆が協力するのです。
ソニーには昔から『自分のキャリアは自分で作る』という考え方があります。人事部が決めるのではなく、自分で意思表示し、それを実現するというものです。具体的には、今から50年以上前の1966年から社内募集という制度があり、テレビの設計者が広報をやってみたいと思えば応募していい。上司に言う必要もなく、本人に異動したい意思があるならばさせようといったものです。何事につけても自主性や挑戦を重んじるという風土が根付いているのです。
これには、創業者である井深•盛田の『人のやらないことをやろう』という考えが反映されており、そこから自ずと『お客様の好奇心を刺激し感動を与えるプロダクトやコンテンツの提供』という企業姿勢が出来上がっているのだと思います。現CEOも“感動”というテーマを掲げていますが、『こんなものがあったら面白いんじゃないか』ということを常に真剣に考えて実現させるために取り組んでいます」

–Looking at successive products, I was blown away by designs that are still superior today. We recognize Sony’s spirit of “leading the generation”. First, I would like to ask you about product development – is there a fixed team for it?

Public relations department: “Product development and planning for existing categories are usually done by the business unit, and they actually make the prototypes themselves. It is agreed that suggestions for new products and services can be made by anyone in the company, regardless of their department. There are in-company auditions that anyone can attend, and if you are chosen, you proceed to the product commercialization process – it’s a simple system. For example, our new product wena (released 2016), an analog watch with smart watch functions on its belt, was developed by a young employee who loved devices and gadgets and wondered how great it would be if there were a product like so. wena is an example of a product that passed the company auditions and turned into a commercialized product. First and foremost, ideas are crucial. If they are gathered from a wide range, everyone from various department cooperates.
There has been a way of thinking in Sony from long ago; “you make your own career”. The human resources department does not decide for you. You show them your interests, and you make it a reality. Specifically, from 1966 (more than 50 years ago), there has been a system called in-company recruitment – if T.V. designers thought they wanted to try PR, they could apply. They don’t even have to tell their bosses. If the individual desires to transfer, the company will allow it. They greatly value autonomy and challenging ones ‘self.
This reflects the founders, Masaru Ibuka’s and Akio Morita’s principle: “do something that other people don’t do”. Naturally from there, the corporate stance of “a company that inspires and fulfills your curiosity” is made. The current CEO Kazuo Hirai also raises the theme of “Everything we do, is to move you emotionally”. We seriously consider how people may think “it would be interesting to see this kind of product”, and work hard to make that product come to life.”

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。