体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

布袋寅泰、親交の深いZuccheroのイタリアツアーにゲスト出演

布袋寅泰が、イタリアで絶大な人気を誇るアーティスト・Zuccheroのライブにスペシャルゲストとして出演した。布袋が出演したのはZuccheroが現在行なっている『WANTED Italian Tour 2018』の2月28日トリノと3月2日ミラノで行なわれたライブの2公演。二人はこれまでも、2016年5月に六本木ヒルズアリーナで行われた日伊国交150周年記念イベント『Italia, amore mio!』、2016年9月にイタリア・ヴェローナと10月のイギリス・ロイヤル・アルバート・ホールで行われたZuccheroの単独公演での共演や、布袋の日本ツアーにZuccheroがゲスト出演、2017年はイタリアの国民的テレビ番組である『サンレモ音楽祭』でも共演するなど、親交を深めている。
Zuccheroツアー『WANTED Italian Tour 2018』布袋寅泰ゲスト出演 ライブ写真 (okmusic UP's)

アリーナ公演がスタートし、3曲目「Ti voglio sposare」のイントロで「from Tokyo, Hotei!」とZuccheroから呼び込まれる形で布袋がステージに登場。Zuccheroとの共演を通じ、イタリアでの布袋のギタリストとしての知名度は高く、登場した際の歓声は期待感にあふれていた。「Ti voglio sposare」は2016年にリリースされたZuccheroのアルバム『Black Cat』からの楽曲で、レコーディングやMVにも布袋自身が参加している。

2度目の登場は、コンサート中盤「Iruben me」「Il mare」の2曲。バラード「Iruben me」の壮大で情熱的なギターソロを布袋が弾き終わった瞬間、15,000人のオーディエンスは総立ちとなり大歓声が沸き起こった。さらに熱狂的なアンコールで再登場! 「Libidine」のうねるようなギターリフでズッケロとオーディエンスを踊らせた。布袋はトリノ、ミラノ公演ともに4曲でゲスト出演。渾身のギターパフォーマンスでイタリアのオーディエンスに“ギタリスト HOTEI”として強烈なインパクトを残した。

そして、10月20日にはロンドンのシェファーズ・ブッシュ・エンパイアでの単独公演を控えているが、10月11日の初のミラノでヘッドラインショーを行なうことが発表された。渡英6年目の布袋が確かな一歩を踏み出したことを証明したこのライブ。今後の海外でのオーディエンスの反応が楽しみだ。

【セットリスト】

■WANTED CHAPTER 1

01.Partigiano

02.13 buone ragioni

03.Ti voglio sposare (Hotei)

04.Ci si arrende

05.10 more days

06.Hey Lord

07.L’anno dell’amore

08.Fatti di sogni

09.Voci

10.Un’altra storia

■WANTED CHAPTER 2

11.Vedo nero

12.Baila

13.Never is a moment

14.Il volo

15.Iruben me (Hotei)

16.Il mare (Hotei)

17.Ridammi il sole

18.Allora canto

19.Un soffio caldo

20.Un piccolo aiuto

– Hey man

– I tempi cambieranno

– Occhi

– It’s all right

– Alla fine

– Blue

21.Miserere

22.Freedom Jazz dance (Brian)

23.Wake me up

■WANTED CHAPTER 3

24.Solo una sana e consapevole libidine salva il giovane dallo stress e dall’azione cattolica

(Hotei)

25.Puro amore

26.Diamante

27.Per colpa di chi

28.Diavolo in me

<Encores>

29.Dune mosse

30.Hi dee oh

31.Hai scelto me
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。