体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猛烈なシャウトと奇妙なパフォーマンスでジョー・コッカーの名を一気に世界レベルにしたライヴ盤『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』

1970年3月27日&28日、フィルモア・イーストでレコーディングされた本作『マッド・ドッグス&イングリッシュメン』は、ジョー・コッカーの名を世界的に広めたライヴ盤の傑作である。かつてアメリカの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライヴ』で、怪優ジョン・ベルーシが物真似をして受けまくっていた本家がこれだ。コッカーのパフォーマンスは映像を観なければ分からないが、このライヴツアーはドキュメンタリー映画としても公開され、今ではDVDもリリースされているので、コッカーの不思議な動きを観てベルーシの物真似がいかに上手いかチェックしてみてほしい。
これだけはおさえたい洋楽名盤列伝! (okmusic UP's)
60s後半から70s前半にかけての スワンプロックの流行

イギリスを代表する名ロックヴォーカリストのひとり、ジョー・コッカーは長い下積みを経て69年にビートルズの「ウイズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」のカバーで全英1位を獲得する。同年、アメリカで行なわれた『ウッドストック・フェス』への参加もあって、世界的な知名度を得るまでになるわけだが、彼の奇妙なパフォーマンスとパワフルなシャウトは、ロックシンガーとして文句なしのカリスマ性があった。レイ・チャールズに影響された彼の泥臭い音楽性はゴスペルとR&Bをミックスしたスタイルで、その頃アメリカで活躍していたスワンプロッカーのデラニー&ボニーと類似した音楽性を持っていた。

スワンプロックは黒人のR&Bやゴスペルと白人のカントリー音楽をミックスした、今で言うアメリカーナサウンドのひとつである。スワンプロックの歴史はポップス界のヒットメーカーとしてロスで名を挙げていたレオン・ラッセルのもとに、J.J・ケール、ジェシ・デイヴィス、ドン・プレストン、のちのデレク&ドミノズのメンバーとなるカール・レイドルら、旧友であるオクラホマ出身のミュージシャンたちが集まり、大挙して西海岸に移住した頃に始まる。ミシシッピ州出身のデラニー・ブラムレットとレオンはセッションを繰り返しながら、泥臭いスワンプロックを爽やかなカリフォルニアで仕上げていくのである。その頃の成果としては、69年にリリースされたデラニー&ボニーの傑作『オリジナル・デラニー&ボニー(原題:Accept No Substitute)』があり、このアルバムはジョージ・ハリスン、エリック・クラプトン、デイブ・メイスンらをはじめ、ジョー・コッカーといったブリティッシュロッカーたちに大きな影響を与えることになる。
本場スワンプロックの洗礼

69年にジョージ・ハリスンの口利きでデラニー&ボニーが大所帯のグループ、フレンズを引き連れてイギリスツアーを行なうと、イギリスでは一挙にスワンプロック熱が高まっていく。イギリスのアーティストたちはデラニー&ボニーのようなサウンドを作るためにはフレンズを使うしかないと考えたのか、彼らをバックに起用してレコーディングすることが一気に増えた。

エリック・クラプトンのソロ第1作『エリック・クラプトン』、デイブ・メイスンのソロ第1作『アローン・トゥゲザー』、ジョージ・ハリスンのソロ第1作『オール・シングス・マスト・パス』など(これら3作とも1970年のリリース)、どのアルバムもバックを務めるのは、カール・レイドル、ジム・ゴードン、ボビー・ウイットロック、ボビー・キーズ、ジム・プライス、ジム・ケルトナー、クラウディア・リニア、リタ・クーリッジらフレンズの主要メンバーたちだ。
フレンズの引き抜き事件

デラニー&ボニーのイギリス公演が成功すると、イギリスの人気シンガー、ジョー・コッカーのプロデューサーを務めていたデニー・コーデルがスワンプロックの中心人物であったレオンにジョー・コッカーのアメリカ公演のコーディネートを依頼する。レオンは彼の人脈で構成されていたデラニー&ボニーのバックミュージシャンを根こそぎジョー・コッカーのバックメンに引き抜いてしまう。

そして、レオンはコッカーの音楽監督に就任、2カ月に及ぶアメリカツアーをスタートさせることになるのだが、デラニー&ボニーはメンバーが揃わず、ツアーに出られない羽目となった。この引き抜き事件でレオンとデラニー&ボニーに遺恨が残ったのは言うまでもないが、それだけレオン人脈のミュージシャンたちが優れていたということであり、それら優秀なミュージシャンがレオンに対して圧倒的な信頼感を持っていたことも、大人数のマッド・ドッグス&イングリッシュメン・ツアーが成功した証なのである。
本作『マッド・ドッグス& イングリッシュメン』について

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。