体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カナダ軍の極地戦技訓練「ノーザン・ソージャン」始まる

カナダ軍の極地戦技訓練「ノーザン・ソージャン」始まる

 カナダ陸軍恒例の冬季戦技訓練、ノーザン・ソージャン(NORTHERN SOJOURN)が2018年3月2日(現地時間)より行われています。第5カナダ師団が3月2日から11日まで、南ラブラドルの訓練区域で戦技訓練を行います。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 ノーザン・ソージャンは、日本語に訳すと「北への滞在」。文字通り、北極圏の寒い地域に滞在し、その時期、その地域独特の環境で必要とされる戦闘のテクニックを訓練します。この訓練には、同時に即応集団(IRU)バンガード中隊と極地対応中隊群(ARCG)合わせて約400名、そしてアメリカ陸軍から50名、ポーランド陸軍から8名の人員が参加しています。

 この訓練で兵士たちは、雪中におけるスノーモービルを使った移動や偵察、実弾射撃やサバイバルの技量を磨きます。このような環境は、実際に経験しないと判らないことが多いので、彼らにとっては貴重な機会となります。

 訓練の合間の3月6日には「コミュニティ・デイ」という催し物を行う日が設けられていました。訓練に参加している将兵が互いに打ち解け、仲間として一体となるためには必要な行事ですね。様々なデモンストレーションやディスプレイが行われたそうです。

 「兵士としては、どんな環境であっても進出し、そこにおいてカナダ国民を助けなければいけません。このノーザン・ソージャンや他の冬季戦技訓練は、カナダ軍の北方におけるプレゼンスと冬季戦技能力を見せる良い機会となっています」と、第37カナダ旅団群の司令、アレックス・ブキャナン大佐は語っています。

 このノーザン・サージョンでは、ハッピーバレー・グースベイからチャーチルフォールズ間730km以上をスノーモービルで移動する行軍や、冬季おける災害救助訓練なども行われます。

Image:(c) DND/MDN Canada

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

アメリカ・イギリス合同の極地訓練「ICEX 2018」始まる
アメリカ海軍ブルーエンジェルス、今年最初のエアショウへ
ミサイルを「迎撃」するトルコの対戦車ミサイル防御システム

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。