体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【春のニューヨークで何を着ればいい?】3〜5月の天気・気温、現地の服装

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
春のニューヨーク旅行に行く予定があるあなた。ホテルもフライトも決まったけど、決まっていないのは服装。だって、春のニューヨークって気温はどのくらい?防寒具は必要なの?気候はどんな感じ?旅に出る時に、不安なのが現地の天気や気温。無駄な荷物は極力減らしたいけれど、寒くては旅を楽しめませんね。

そこでニューヨーク在住の筆者が、ニューヨークの天気や気温についてアドバイスします。今回は、実は年間で最も難しい3〜5月。旅支度の目安になる、ニューヨーカーの季節の服装も掲載しますね。気温・天候は毎年異なりますので、目安としてご覧くださいね。あなたの旅の参考になれば幸いです。

ニューヨークは青森県と同じ程度に寒い

都会というニューヨークのイメージから、ニューヨークの気候は東京と同じ程度と思っている方がいますが、実際には違います。ニューヨークの緯度は、日本の青森県と同じ40度。気温は青森県を想定してください。年間のうち半分(11〜4月)は冬と考えて良いでしょう。

ニューヨークの3月はまだ冬

暦の上では春なのですが、ニューヨークではまだ冬。雪の降ることも多いです。現在(2018年3月上旬)は雪が降っています。3月の最低気温は氷点下ですから、しっかりした冬仕度が必要です。

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
上記の写真は、2016年3月28日のタイムズスクエアで撮影したもの。3月末なのに、気温は華氏49度。摂氏にすると9.4度です。日本と比べて寒いですね。

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
同じく3月末のニューヨーク。暖かい日が1〜2日ある年もありますが、例年まだまだ寒いです。防寒のダウンジャケット、帽子、ブーツが必要です。 2018年3月気温は最高気温摂氏4度から13度と予想されています。 最低気温は氷点下。

気温は低いにも関わらず、3月第2日曜日(2018年は、3/11)からサマータイム(夏時間)に変更されます。夏時間仕様に時計を1時間進めますので、旅行者は飛行機に乗り遅れないように注意。日本との時差は14時間→13時間になります。

【3月中旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
まだ雪の降ることも多いので、防寒はしっかりと。

●軽くて折りたためるスカーフ、ニットキャップはおすすめ。

風の強いニューヨークでは、首元、頭を防寒していると、暖かさが全く違います。また服の印象も変えられますよ。ニットキャップやスカーフは現地調達して、ニューヨークでトレンドのものを身につけても良いでしょう。

【3月下旬】
【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
3月末でもジャケットやコートが必要。ただし、屋内はどこも暖かいので、上着の下は軽めで。屋内(建物内・地下鉄車両内)はヒーターが効いているので、上着の下に厚手のセーターや重ね着をしていると、暑くて堪らなくなります。1日中セントラルパークを歩き回るのでない限り、下はシャツや薄手のセーター1枚で大丈夫です。ジャケットの下は半袖の人も多いです。

3月の祭日・イベント

●祭日なし
3月第2日曜日から時計を1時間早めるサマータイム実施
日本との時差14時間→13時間へ
●3月第3日曜日は、セント・パトリックデー(聖人を祝うアイルランドのお祭り)。5番街ではパレードが行われ、パレード中は通行止め。

3月の服装のポイント

●防寒はしっかりと。ニューヨークは、まだまだ寒い。雪が降ることも。
2018年3月の気温予想は、3月中ほぼ1桁(摂氏10℃未満)
●軽くて折りたためるスカーフ、ニットキャップはおすすめ。
●上着の下は軽装で。セーターや重ね着などしっかり着込まない。
●屋内はどこも暖房が効いている。

雨が多い4月。桜の開花は中旬以降 

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
ニューヨーカーが待ち焦がれているイベントといえば、「イースター・ボンネット・パレード(Easter Bonnet Parade)」。冬の長いニューヨークで、春を迎える喜びが満ち溢れます。元々はイエス・キリストの復活祭(イースター)で、十字架にかけられて亡くなったキリストが3日後に甦ったとされる、キリスト教では重要なお祝いです。この特別な礼拝後に、ドレスアップした信者が自分の帽子(ボンネット)とファッションを見せびらかすため、5番街を歩いたのがパレードの始まりと言われています。現在は信者でなくてもオシャレさんや目立ちたがりさんが、セイント・パトリック大聖堂(St. Patrick’s Cathedral)付近で現れます。2017年は4月16日(イースターは毎年異なる)でした。

【春のニューヨークで何を着れば良い?】3〜5月の天気・気温、現地の服装
まだ寒い4月でも、イースター・サンデーは晴れて気温が上がることが多いです。皆ウキウキと浮かれて、音楽を演奏したり、踊りだしたり。やっと、冬が終わったという喜びでいっぱいなのです。写真はバレエを踊る女の子。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。