体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フレデリック、初アリーナワンマンに自信! 「ぜひ期待値を高めて」

フレデリック、初アリーナワンマンに自信! 「ぜひ期待値を高めて」
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(火曜担当ナビゲーター:フレデリック)。3月6日(火)のオンエアでは、ウェブ配信番組でフレデリックのライブを見たリスナーからのメールを紹介しました。

フレデリックは今年1月、ワンマンライブ「フレデリズムツアー リリリピート公演〜みんなのTOGENKYO〜」を2DAYSで行いました。このリスナーは両日とも参加。配信番組では、ライブでは明かされなかったメンバーの思いも語られており、「とても幸せな気持ちになりました」と感想を述べました。また、フレデリックのメンバーについて、「みなさんの人柄があるから、スタッフさんにも恵まれたんだろうなと改めて感じました。SNSでつながるフレデターさん(フレデリックファン)も素敵な方ばかり」とも。

これを聞いたメンバーは、番組の編集に感謝していました。

康司:(番組は)ライブだけじゃなくて、ドキュメンタリーっぽくもなっててんな。
健司:そうそう。
康司:自分たちが楽屋とかで話してたことや、ライブに対してのテーマをすごい話してるやつだったから、見てくださってほんまにありがとうございます。
健司:スタッフとのやり取りとかスタッフに対する思いとかも言ってたから、そういうとこも拾ってくれてね。
康司:嬉しいですね。

フレデリックは4月30日、神戸ワールド記念ホールで初のアリーナワンマンライブ「FREDERHYTHM ARENA 2018 〜KOKYOのTOGENKYO〜」を開催予定。メンバーはこう語ります。

健司:神戸のチケットを確保してくれている人は、(この番組を見てくれたら)より期待値が高まったんじゃないかなと思います。
康司:そうやなあ。
健司:新しい試みとかも全部放送してたから。アコースティックライブとか。
3人:うん。
健司:フレデリックの新しいやり方をけっこう見せていったから、そういうのも期待値をどんどん高めていってもらえたらと思いますね。

フレデリックの今後をさらに期待させてくれる言葉が聞かれる放送となりました。

ほかにもこの日の放送では、go!go!vanillasの牧さん・長谷川さんと健司・赤頭が対談した様子の続きも届けられました。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。