体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【レポート】「京王あそびの森 HUGHUG」に行ってきた!

子育て世代にとって悩みの種なのが「週末の行先」。子供たちが思う存分遊べるところ。そして雨の日でも楽しめるところ。そんなニーズに応えた遊戯施設「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」が、3月13日(火)に京王線多摩動物公園駅前にオープンする。今回、オープン前に施設内を見学できるというので早速行ってみることに!

「京王あそびの森 HUGHUG」は、全天候型の遊戯施設。約3000㎡という広さは、遊戯施設の中でも国内有数の広さを誇る。「木育」「体育」「知育」が同時に楽しめ、子供はもちろんのこと、親も楽しむことができる。

まずは1階から。室内は土足厳禁のため、靴を脱いでから入場する。靴は下駄箱に置けるので、荷物にならない。

入ってすぐ左にあるのは「きりかぶハウス」だ。ここは幼児向けの木育スペースで、多摩産の杉やヒノキをふんだんに使用している。

木で作られたロッジでおままごとをしたり、


壁にあるパズルや、卵型の木がたくさん入ったボールプールで遊んだりすることができる。

そこかしこに木のぬくもりが感じられる遊具が置いてあるのは、まさに「木育」。

「きりかぶハウス」の向かいには乳児向けの木育スペース「はいはいパーク」が。

多摩産ヒノキを使ったフローリングや木で作られた遊具は木の温もりを感じることができ、小さな子供が全力で遊べる空間となっている。



奥に進むと見えるのは1階の目玉、日本最大級のネット遊具「ハグハグのき」。4階層にもなるネットの中にはバランスボールなどが置いてあり、まるで宙に浮きながら遊んでいるかのように楽しめる。「ハグハグのき」のふもとには、「もりのひろば」が広がっている。ここはイベントスペースとして活用される。イベントが無いときは大空間を活かした遊具で遊ぶことができる。


1 2次のページ
ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。