体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】映画『Christopher Robin(原題)』、くまのプーさんと昔の仲間が登場するトレーラーが公開

3月6日(現地時間)、米ウォルト・ディズニーが映画『Christopher Robin(原題)』のトレーラーを公開し、『くまのプーさん』のファンに同作のファースト・ルックをお披露目した。

トレーラーは、大人になったクリストファー・ロビンの上司が会議のために家族旅行を取りやめるように詰め寄るシーンで始まる。クリストファー・ロビンが公園のベンチに座り考え込んでいると、昔の友人であるプーさんがやってくる。

クリストファー・ロビンは、「僕はボロボロだ」とプーさんに言う。

プーさんは、「ボロボロには見えないよ」「ちょっとシワはあるけどね」と、答える。

同作は、ザ・マーク・フォースタ・フィルムが製作を手掛ける。大人になり悩みを抱えるクリストファー・ロビンが、子供時代のお気に入りだったぬいぐるみと再び繋がることで、人生の素晴らしさに再び感謝することを学ぶ。

ジム・カミングスがプー役を演じ、クリス・オダウドがティガー役、ブラッド・ギャレットがイーヨー役、トビー・ジョーンズがオウル役、ニック・モハメッドがピグレット役、ピーター・キャパルディがラビット役、ソフィー・オコネドーがカンガ役を演じる。ユアン・マクレガーがクリストファー・ロビン役を演じ、ヘイリー・アトウェルが妻のエブリン役を演じる。

マクレガーは、米ディズニーの往年の作品のリメイク版映画『美女と野獣』に出演し、燭台のルミエールの声を演じた。

『Christopher Robin(原題)』は、アレックス・ロス・ペリーとアリソン・シュローダーが、児童作家A・A・ミルンが創作した愛すべきキャラクターに焦点を当てたストーリーをもとに脚本を手掛ける。ブリガム・テイラーとクリスティン・バーがプロデュースを手掛け、ルネ・ウルフとジェレミー・ジョンズがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

『Christopher Robin(原題)』は8月3日に米劇場公開する。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。