体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バンド、ヒップホップからアイドルまで!もしフェス2018 タワーレコードコンテンツ詳細

いよいよ3月、「MOSHI MOSHI NIPPON FESTIVAL 2018 in SHIBUYA」(もしフェス)が開催されます。今回のもしもしにっぽんフェスティバルは、東京体育館を飛び出し、渋谷・原宿エリアで開催!!ミュージック、ファッション、フード、観光体験など様々な切り口で、日本のカルチャーを渋谷から世界に発信します。

今年のもしフェスは全員参加無料!事前申し込みをお忘れなく。申込みはこちら:https://mmnf2018.peatix.com/

 

今年のメイン会場はラフォーレミュージアム原宿、タワーレコード渋谷店、渋谷キャスト、穏田神社の4会場。

 

今回はタワーレコード渋谷店で開催されるステージコンテンツを紹介します。

タワーレコード渋谷店では、これから日本の音楽シーンで活躍していく若手アーティストにスポットを当てた音楽イベントを開催します。

これまで新しい才能をフックアップしてきた音楽メディアやアーティストがオフィシャルキュレーターとなり、今観るべきアップカミングなアーティストだけのスペシャルステージを企画中。さらに、屋上ではもしもしにっぽんがオススメする日本のKawaiiを詰め込んだアイドルステージも登場します。

 

・B1F CUTUP STUDIO

B1Fの CUTUP STUDIOではキュレーターとしてシーンにおいて影響力のあるアーティストや、新たな才能をフックアップしてきた音楽メディアが出演アーティストを選定。日本のポップカルチャーを世界に発信している「MOSHI MOSHI NIPPON」と各キュレーターが一緒になってステージを作ります。

 

キュレーター1:Spincoaster Stage

「Spincoaster」からは、自信を持ってオススメする話題のアーティストとしてThe Wisely Brothers、大比良瑞希、SIRUPの3組が出演。

 

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』をコンセプトに、独自に厳選した国内外の新進気鋭の音楽を紹介する音楽メディア。音楽情報メディア運営の他にSONY、Reebok、サントリーの楽曲セレクト、ミュージックバーの運営も行っています。

URL:https://spincoaster.com

 

 

The Wisely Brothers

The Wisely Brothers

女の子なのに“兄弟”というユニークなバンド名のスリーピースバンド。昨年は“りんご音楽祭”など様々なイベントへの出演や、韓国への遠征の他、渋谷WWWでワンマンライブを開催するなど注目度急上昇中です。心の底から音楽を楽しんでいることが伝わってくる自由なスタイル、女の子の弾む恋や、気だるいすれ違い、曖昧な心の動きをユニークに描いた歌詞が魅力的。インディーポップをベースにしながらもどこか捉えどころのないサウンドはどこか心地よく、聴いているうちにどんどんクセになってきます。

 


The Wisely Brothers / メイプルカナダ

 

大比良瑞希

大比良瑞希

ラグジュアリーなアーバン・メロウからウェットなフォーク・ミュージックまで、より洗練された音楽を生み出すアーティスト。楽曲「Real Love」はSpotifyプレイリスト「Woman’s Voice」にピックアップされ、1,2ヶ月で再生回数が10万回超え。海外にもファンを増やしています。モデル。女優の中田クルミも出演しているMV「Everything gives me chance what I love it」は、まるで短編映画のようなクオリティの高い作品だと話題になりました。

 


Everything gives me chance what I love it /大比良瑞希

 

SIRUP

SIRUP

昨年、デジタル・シングル「Synapse」で彗星のようにシーンに現れた彼。活動名SIRUP(シラップ)は”Sing & Rap”からきているそう。ソウル~R&Bといったブラック・ミュージックからの影響が色濃い、ボーカルが特徴。ソウル、ヒップホップ、R&Bなど様々な要素が組み合わされたサウンドが音楽好きな若者を中心にヒット。日本語と英語、歌とラップを流れるように行き来する洗礼された音が人気を集めています。

 


SIRUP – Synapse

1 2 3次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。