体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YOSHIKI本気の格付け! キリンビール新商品をX JAPANの音楽で例える

YOSHIKI本気の格付け! キリンビール新商品をX JAPANの音楽で例える

 YOSHIKIが、2018年3月13日より発売となるキリンビール株式会社の新商品『本麒麟』を格付け。インタビュー形式でその味を評価した。

YOSHIKI インタビュー画像など(全15枚)

◎味の格付け インタビュー
--音楽、ファッション、グルメと一流を知る男・YOSHIKIさんですが、まずはこの「本麒麟」を飲んでいただいて、感想を教えてください。

YOSHIKI:(一口飲んで)美味しいです。僕自身、お酒はしつこくないものが好きなんですが、『本麒麟』はすごく洗練されていて、革命的な味わいですね。

--YOSHIKIさんは、それまでの音楽ジャンルを壊して新たな概念を作り出した方ですが、この『本麒麟』も、ビールや発泡酒など、アルコール業界の既成概念を超えた存在を目指して、「ここまでうまいと時代が変わる」というキャッチコピーで売り出していきます。その存在に足り得ると思いますか?

YOSHIKI:時代に乗るのか、作るのか、があるとすると、僕自身は時代を作る側でいたいと思っています。でも、それって、すごく大変なことだと思うんですけど、この『本麒麟』は、時代を作るような商品になっていると思います。

--この味をYOSHIKIさんが表現すると、どんな味ですか?

YOSHIKI:創造的破壊、ですかね。X JAPANも、破壊っていうイメージが強いと思いますが、僕は、X JAPANは、ただの破壊、じゃなくて創造のある破壊だと思っていて、新しいものを産むためにいろんな意味で既成概念を壊してきました。だから、これから時代を作っていくだろう『本麒麟』にも、創造的破壊という表現がぴったりだと思います。

--X JAPANの音楽で例えると何に当たりますか?

YOSHIKI:うーん、僕たちの音楽で例えると……難しいですね(笑)。でも、元々X JAPANのXって「無限の可能性」という意味で付けているので、「X」が一番近いかもしれません。

--『本麒麟』に合う食べ物と言えば、何が思いつきますか?

YOSHIKI: YOSHIKIと言えば、みたいになってしまっているけど、チーズおかき、は合うでしょうね(笑)。僕はワインも大好きだけど、チーズおかきには絶対こっち(『本麒麟』)のほうが合うと思う。もういま食べたくてしょうがないです(笑)。

--この流れで恐縮ですが、YOSHIKIさんがあえてこの『本麒麟』を格付けするとしたら、どんな評価をされますか?

YOSHIKI:ここで言うと嘘っぽくなっちゃうけど、やっぱり「一流」でしょう。

--ありがとうございます(笑)。YOSHIKIさんがこの『本麒麟』をプライベートで飲むとして、誰とどんな時に飲みたいですか?

YOSHIKI:いろんな可能性のある味わいなので、コンサートが終わると達成感がすごくあるから、ご褒美にメンバーみんなとわいわい飲むのも良さそうだし、素敵な女性とデートで飲むのもありかなって思います。

--『本麒麟』は、3月13日に新発売します。最後に一言、日本の皆さんに『本麒麟』のおすすめコメントをお願いいたします。

YOSHIKI:僕は、努力って誰かに見てもらっても見せなくても良くて、努力しているかしていないかが大事だと思うんですよね。この『本麒麟』は、一口味わえばこの美味しさを生み出した努力が伝わると思うので、みなさんにもぜひ一度、味わって欲しいです。

関連記事リンク(外部サイト)

X JAPANの映画『WE ARE X』ロシアで劇場公開! YOSHIKIは日露国交イベントへ
YOSHIKI×山中教授の対談動画公開! 名曲「Forever Love」ピアノ生演奏も
VAMPS【HALLOWEEN PARTY】最終公演、YOSHIKIとHYDEが「ENDLESS RAIN」を共演

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。