体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

JY(知英)、岩井俊二プロデュースの新曲「星が降る前に」MV公開! その映像美はまさに映画

JY(知英)、岩井俊二プロデュースの新曲「星が降る前に」MV公開! その映像美はまさに映画

 JY(=知英)の最新楽曲で、映画監督 岩井俊二が作詞/楽曲プロデュース/ミュージックビデオ監督の3役を務めた作品「星が降る前に Prod by 岩井俊二」のミュージックビデオが公開された。

JY『星が降る前に』MV画像など

 このプロジェクトは、岩井氏が作詞を手掛けた「星が降る前に」と題された共通の歌詞をもとに、5名の豪華プロデューサー(岩井俊二、亀田誠治、Seiho、MONJOE(DATS / yahyel)、山本加津彦)がそれぞれ楽曲を制作する新しい試みとしてスタートしたもの。共通の歌詞で、複数のプロデューサーがそれぞれ楽曲を制作する試みは他に類をみない新しい挑戦として注目が集まっている。

 ミュージックビデオは岩井氏とJYがロサンゼルスで偶然鉢合わせ、同乗したタクシーの移動中、しきりに空に浮かぶ星と月を見上げるJYの姿からインスパイアを受けて書かれたという歌詞の世界感に寄り添うように撮影され、その映像美はまさに岩井氏の映画を彷彿とさせる作品に。

 撮影では、背景の動きをハイスピードカメラでスローモーションにしてとらえるために「倍速リップ」という手法が採用され、楽曲テンポを通常の倍にしてリップシンク(口パク)をするというJYとしては初めての試みに挑戦。序盤は楽曲のスピード感に口の動きがついてこないなどの可愛らしいハプニングも。

 撮影の合間には真剣にメガホンをとる岩井氏を、陰からスチールカメラマンのカメラを借りて撮影するJYのイタズラなどもあり現場は終始和やかに進行した。

◎JY 『星が降る前に Prod by 岩井俊二』Music Video
https://youtu.be/3khHzQKr094

◎リリース情報
『星が降る前に』
2018/3/28 RELEASE
<完全生産限定盤>
(CD+DVD+豪華ブックレット+オリジナルトートバッグ)
SRCL-9733~35 7,000+tax
※PlayPASS対応
https://jiyoung.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

JY(知英) 岩井俊二とのプロジェクト参加Pに亀田誠治/Seiho/MONJOE(DATS、yahyel)ら
JYと岩井俊二のコラボプロジェクト、『星が降る前に』が完全生産限定でリリース決定
JY(=知英)豪奢な「新聞紙ドレス」で登場! 映画『リベンジgirl』主題歌を初披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。