体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レッチリのチャド、“レッチリ”を食べる

レッチリのチャド、“レッチリ”を食べる

 レッド・ホット・チリ・ペッパーズのドラマーであるチャド・スミスが、自身のバンド名にもなっている唐辛子を食べるという、まさにピッタリなチャレンジに挑んだ。このペッパー・チャレンジ(#ALSPepperChallenge)は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の啓発と研究支援のために、バケツに入った氷水を頭からかぶる、2014年に社会現象となったアイス・バケツ・チャレンジに続くもので、今回は既に50万ドル(約5300万円)以上が集まっているそうだ。

チャド・スミスによる投稿

 チャドは、とあるスーパーで「皮肉なことに、俺は唐辛子が嫌いなんだ」と話しながら、気の進まない様子で陳列棚から唐辛子を手に取り、それを食べる映像を自身のTwitterで投稿。その後、同じ挑戦を受けるようにパール・ジャムのマイク・マクレディと俳優のウィル・フェレルを指名した。マイクは既に自身のTwitterで反応しており、「続報を待ってて」と投稿していることからチャレンジを受けるようだ。

 チャドのツイートのキャプションには、「スティーヴ・グリーソン、君の挑戦に(渋々と)受けて立つ」と綴られている。元アメリカン・フットボール選手のスティーヴ・グリーソンは、2011年にALSを発症しており、2016年には彼が生まれくる子どものために撮ったビデオダイアリーを基にしたドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』が公開されている。

◎チャド・スミスによる投稿
https://twitter.com/RHCPchad/status/970806045785378816

◎マイク・マクレディによる投稿
https://twitter.com/MikeMcCreadyPJ/status/971200450019057664

関連記事リンク(外部サイト)

ジョン・フルシアンテ(ex.レッチリ)エレクトロ・プロジェクトによる新作『II』トレーラー映像公開
BABYMETAL、レッチリメンバー3人と「ギミチョコ!!」でコラボ
BABYMETAL、レッチリUKツアーファイナル公演で神バンドメンバーに扮したChad Smith(Dr)とコラボ

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。