体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『3月9日はなんの日?』ヒップホップ界の伝説、ザ・ノトーリアス・B.I.G.の命日

『3月9日はなんの日?』ヒップホップ界の伝説、ザ・ノトーリアス・B.I.G.の命日

 3月9日はアメリカ・ニューヨーク出身のラッパー、ザ・ノトーリアス・B.I.G.の21回目の命日。

 “ビギー”ことザ・ノトーリアス・B.I.G.は1972年5月21日、ブルックリン生まれ。多くのラッパー同様ハードな環境で育った彼は、10代の頃からドラッグ・ディーラーとして地元のストリートでその名を知られる存在となり、その後、街角で続けていたフリースタイル・ラップがシーンの注目を集め1994年に『レディ・トゥ・ダイ』でデビュー。同作は全米ビルボード13位のヒットを記録し、西海岸勢に押され気味だった当時のヒップホップ・シーンに一矢報いることになった。その後、2パック銃撃事件への関与を疑われたことなどをきっかけにヒップホップ東西抗争が激化。結果的に1996年9月に西海岸を代表するラッパーの2パックが射殺され、ビギーも1997年3月9日、ロサンゼルスでおこなわれたパーティーの帰途に銃撃を受けて死亡。東西を代表するラッパーがともに射殺されるというショッキングな事件へと発展した。

 ビギーの死から20年以上の歳月が経過した今もその影響力は計り知れず、昨年5月には元妻フェイス・エヴァンスとのデュエット・アルバム『ザ・キング&アイ』がリリースされ話題に。さらに先月、2007年発表の『グレイテスト・ヒッツ~絶世の詩』が米国で100万枚を突破し、これまでに発表したすべてのソロ作がミリオンを達成したことも報じられた。

関連記事リンク(外部サイト)

『2月20日はなんの日?』リアーナ30歳の誕生日、バッドガールから大人の女性へ
『2月18日はなんの日?』ヒップホップ界の重鎮、ドクター・ドレーの誕生日
『2月16日はなんの日?』ザ・ウィークエンドの誕生日、【コーチェラ2018】ヘッドライナーに抜擢

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。