体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Spotifyで3億回再生! 大ブレイク中の新人LAUVが驚嘆「ワケがわからない」

Spotifyで3億回再生! 大ブレイク中の新人LAUVが驚嘆「ワケがわからない」
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。3月7日(火)のオンエアでは、シンガーソングライター兼プロデューサー、LAUV (ラウヴ)さんが登場。Spotifyで3億回再生と大ブレイク中ですが、その心境を語りました。

■初来日の感想は?

LAUVさんにとって今回は初めての来日。「日本に来るのが夢だったので、来てから遊んでいるか食べているかで、1日6食も食べてるよ。コンビニの寿司ですら美味しかった!」とご機嫌に答えてくれました。4歳まではサンフランシスコ、そのあとニューヨークで14年、今はLAに戻り、現在に至るそうです。

もともと昨年、エド・シーランのライブの前座に抜擢され初来日が決定していたものの、エドの怪我で一度キャンセルに。3月6日に行われた待望の日本での初ライブは「皆とつながっているような熱い夜だった」と振り返っていました。

■シングル曲大ヒットの心境

そんなLAUVさんに、音楽キャリアのバックグラウンドと、Spotifyで3億回再生を記録したシングル「I Like Me Better」の大ヒットについて訊きました。

LAUV:4歳からピアノを習っていて、姉2人がヴィオラとチェロをやっていたので僕もヴィオラをやって。12、13歳のときにギターを手にして作曲を始め、そこから音楽にハマっていったんだ。3億回再生というのは、本当に信じられないし、ワケがわからない再生数。でもこれまで行ったこともない場所に行って、僕の歌をみんなが歌っているのを実際に目にして「本当に(聴いている人が)いるんだ」と改めて実感したよ。

■LAUVさんの作曲法

そんなLAUVさんですが、どのような方法で曲を書いているのでしょうか?

LAUV:「The Other」のようにコンピューターで作った曲もあるし、あとは散歩の途中とかお風呂の中で思いついて歌詞を書いたりとか。「Getting Over You」は、バレンタインデーに出した曲で、アンチバレンタインソングとまでは言わないけど、ラブソングじゃないんだ。長く付き合った後に関係が終わって「どう乗り越えるか」を歌った曲。今は笑顔で、ちょっと違ったように聴けるようになったよ。

■最近のお気に入りの楽曲

ちなみにLAUVさんが最近気に入って聴いている曲は、ジェイムス・ベイの「Wild Love」だとか。

LAUV:前から彼のファンなんだ。よく気に入ったアーティストが出てきたときに、次を期待していたら焼きまわしでガッカリ……ということがあるけど、彼は真逆のことをしている。ファーストはオーガニックな感じで、セカンドは少し変わったエレクトロテイストでオリジナリティがあって、それが好きなんだよ。

最後に今後の目標について伺うと「最初の頃はグラミー賞とか大きい会場でやりたいとかあったけど、今は真実に忠実なこと、自分の内なる声に従い、何を伝えていくかを考えている」と明かしたLAUVさん。今回の初来日公演も追加公演が急遽決定した人気ぶりで、今後のさらなる活躍に注目です。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。