体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴールシーンが360°から見られる! スタジアムのIT化でスポーツ観戦が変わるかも

さてこちら、「EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ2017」決勝大会に出場した日本代表である。


EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会 対韓国代表戦先発メンバー(2017/12/16)

東アジアサッカー連盟(EAFF)に所属する11のナショナルチームが参加し、日本・韓国・中国・北朝鮮の4カ国が東京で本決勝大会を戦った。

この大会に投入され、サッカー観戦を面白くした3つの技術

試合が行われたのは、2017年12月16日。実はこの大会中、会場の味の素スタジアムは「ちょっぴり未来っぽくなっていた」。KDDIが通信とICTの力を使って、未来のスポーツ観戦体験へとつながる3つの新しい試みを行っていたのだ。

①試合の模様をリプレイする映像の最新技術「au/4D Replay」「au Dynamic Replay」。
②日本初! 100人が同時にスタジアムで、試合の模様をVRで体験「au VR Seat」。
③試合中に試合内容が直感的にわかる!「au Stats」。

代表の戦績としてはちょっとアレな大会でしたが、こと「サッカーを観る楽しみ」においてはレアな体験ができたのだ。では順番に見ていこう。

①視点がぐるぐる! え! キーパー目線? プレイヤー目線?

まずはこれを見ていただくのがわかりやすいだろう。

すごい! ゴールシーンをぐるんぐるんと角度を変えて見られるのだ。これが、「au/4D Replay」。当日、スタジアム内のビジョンでリプレイとして流され、フジテレビでの中継にも使われた。

どうなっているのかというと、実はゴールを裏側のスタンドからぐるりと4Kカメラで取り囲んでいるのである。

スタンドからピッチを見下ろすカメラが、こんなふうにびっしりと配置されていたのだ。KDDI総合研究所超臨場感通信グループリーダーの内藤 整によると、両方のゴール裏に60台ずつのカメラを設置したという。


KDDI総合研究所超臨場感通信グループリーダーの内藤 整

「『au/4D Replay』は、基本的にそのカメラのスイッチングで映像をつくる技術。カメラを切り替えていくことでぐるっと視点の移動を行うんです。映像を加工することがないので、映像クオリティは高いですし、ほとんどタイムロスなく、リプレイを見ていただくことができます」

大型ビジョンに映し出されたこの映像に、当日のスタジアムは大いに沸いた。「その瞬間」を切り取って自由にアングルを変えて回り込む映像ってなんかSF的というかゲーム的というか、非常に未来っぽいのである。もちろん、ゴール裏からの映像だけだとわからなかった、シュートまでのプレーの流れを、視点を変えることでつぶさに観察することができるのも、サッカーファンとしてはうれしい。

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。