体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

視覚障がい者向けプログラミング講座を見てきた――IT機器の進化が生んだ新しい可能性

視覚障がいを持つ中高生向けにプログラミングの体験講座

こんにちは!「パソコン歴20年にして、
いまだにショートカットキーすらマトモに使いこなせない豚」ことヨッピーです。

本日は筑波技術大学に来ております。

筑波技術大学は20005年に開学された聴覚・視覚に障がいを持つ人を対象とする国内唯一の国立大学で、情報システムや情報通信、機械工学など、産業技術系の学部も設置されています。

本日はその筑波技術大学で、認定NPO法人サイエンス・アクセシビリティ・ネットが事務局をつとめる「科学へジャンプ」が視覚障がいを持つ中高生向けにプログラミングの体験講座を行うとのことなので、見学しにやってきました。

見慣れない機器がたくさん!

これ、なんだと思います?

実はこれ、「ドットビュー」という機械でディスプレイ上に表示されている領域を点字に変換してくれるデバイスなんだそうだ。

絵柄などのデザインをこのように点字に変換し、それに触れることで視覚障がい者でも形を知ることができる。

こちらはディスプレイに表示されている文字列を点字に変換してくれる機器。こちらも同じく、手で触ることによって情報を読み取ることができる。

ちなみに「ドットビュー」が約100万円以上、点字ディスプレイもお値段20万円以上なのでかなり高額!

こういった機器を活用しながら、今日は中高生向けにプログラミングの講義をするとのことです。視覚障害を持っている人のプログラミングってどうやって進めていくんだろう。

写真は中学生向けの授業なのですが、課題は「プログラムで図を描いて動かすこと」で、使用言語はRuby。

まず「dxruby」というライブラリを使えるようにする

require ‘dxruby’

Image オブジェクトを生成

Img1 = Image.new(640, 480, [0, 0, 0])

白い四角形を img1 に描く

img1.box_fill(100,100,250,200,[255,255, 255])

1 2 3 4 5 6次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。