体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

74分のワンカットで若者たちの1ヶ月を描く青春譚

1803092

『私たちのハァハァ』『アズミ・ハルコは行方不明』などの松居大悟監督の映画『アイスと雨音』が公開中。

2017年、小さな町で演劇公演が予定されていた。世界の演劇シーンで注目を集めるイギリスの劇作家・Simon Stephensの「MORNING」というその戯曲は、親友が町を出ていくことをきっかけに鬱屈からの夜明けを描いた物語。オーディションで選ばれた少年少女たちが初舞台に意気込むも、舞台は突如中止になった――。

松居監督とは2016年の「tomorrow」のMV以来のタッグとなる、ラップグループ・MOROHAが劇中で生演奏。実際の出来事を基に、現実と虚構、映画と演劇の狭間でもがく若者たちの姿を74分のワンカットで描く意欲作!

アイスと雨音
監督:松居大悟
出演:森田想、田中怜子、田中偉登、青木柚、紅甘、戸塚丈太郎/MOROHA
(2018年/日本)
公開中
©「アイスと雨音」実行委員会
http://ice-amaoto.com/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。