体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイソンの最新空気清浄機は自動で有害物質をモニター

アレルギー体質の人を中心に、室内で空気清浄機を利用している人は少なくないだろう。これからの季節、花粉症対策としても欠かせない。

今回、空気清浄機の購入や買い替えを検討しているという方に紹介したいのが、ダイソンの最新マシーン「Pure cool tower fun」。清浄能力がアップし、有害物質を自動で検出してアプリにリアルタイム報告するなど使い勝手のいい機能が加わった。

・微小物質を99.97%除去

新マシーンには、HEPAマイクログラスファイバーをプリーツ状に200回以上折った高密度のフィルターを搭載。これにより0.3ミクロンという微小物質を99.97%除去できるのだという。

しかも毎秒77ガロンもの空気を送り出すパワーを備え、また空気力学を応用した吹き出しにより、部屋の隅々まで清浄された空気を効率的に届けることが可能となっている。

PM2.5など有害物質の有無をモニターし、室温や湿度などの情報とともにリアルタイムにアプリへ報告もしてくれるのも便利だ。

・話しかけて操作

空気を清浄する以外の機能もアップした。目玉はAmazonのAlexaに対応し、音声操作が可能になったこと。

空気流量の調整やモードの変更などをするとき、いちいちボタンで操作しなくても話しかけるだけでいいので、すでにEchoを持っている人にはうれしい機能だ。

新マシーンのサイズは高さ41.5インチ(約105センチ)、ベース部分の直径は8.8インチ(約22センチ)。重さは10.98ポンド(約5キロ)。価格は549.99ドル(約5万8000円)となっている。

Dyson

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。