体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【2018】今、食べるべきラーメン新店10選。「有名店出身」と「セカンドブランド」がキーワード。

【2018】今、食べるべきラーメン新店10選。「有名店出身」と「セカンドブランド」がキーワード。

2018年のラーメンシーンは一見、濃厚系あり、創作系ありと、まさに百花繚乱状態を呈しているように見える。

が、新店舗を横一列に並べ、つぶさに分析してみると、いくつかの共通項で括ることができることに気が付く。その共通項とは、ズバリ、「有名店出身」と「セカンドブランド」だ。

この2つのカテゴリーに属する店舗が、当面の間は2018年のラーメンシーンを牽引していくのではないかと思われる。

というわけで、今回の特集では、「有名店出身」と「セカンドブランド」というテーマに沿って、足を運んでいただきたい新店を10軒、厳選させていただくことにした。

このレポを参考に、お気に入りの1杯を見つけていただければ、嬉しい限りだ。

記事配信:じゃらんニュース

【亀有・有名店出身】

『九段斑鳩』出身のサラブレッド。『ののくら』の1杯は、麺・スープともに一切の妥協なし

手打式超多加水麺ののくら 手打式超多加水麺ののくら

『つけ麺道』、『麺たいせい』、『らーめん銀杏』などの実力店がひしめき、熾烈な生存競争を繰り広げる、都内屈指のラーメン激戦区・亀有。

2017年12月、そんな亀有に誕生したのが、『手打式超多加水麺ののくら』だ。

店主は、都内を代表する実力店『九段斑鳩』で腕を磨き、満を持して独立。今後、メニューを増やす予定だが、現在は、「中華そば」の「塩」「醤油」のみを提供している。

中でも、私が特にオススメしたいのが、「中華そば(醤油)」。

スープは、4種類の煮干し・鰹の削り節・うるめ節・昆布などから採った魚介出汁と、老鶏の丸鶏・鶏ガラから採った出汁をブレンド。タレは、生揚げ醤油に本味醂の甘みを寄り添わせ、力強く仕上げる。スープに合わせる麺は、自家製。強力粉を巧みに活用することで、55%の加水率を誇る超多加水麺を実現。

麺・スープともに一切の妥協なし。そのこだわりぶりたるや、数多くのラーメンと接してきたマニアでさえ舌を巻くほどだ。 手打式超多加水麺ののくら

住所/東京都葛飾区亀有3-11-11マーベラス大協ビル1F

営業時間/11:30~14:00、18:30~21:00(スープ終了次第閉店)、日曜/11:30~16:30

定休日/月曜・火曜

【富士見台・有名店出身】

名店『七彩』出身!修業先の技を活かし、我が道を往く『麦萬』

中華そば麦萬 中華そば麦萬

ロケーションは、西武池袋線富士見台駅の近傍。「味自慢中華そば」と大書された暖簾、屋号が記された趣豊かな提灯。飾らない店構えは、昭和創業の老舗だと言われても、全く違和感がないほどだ。

が、こちらの『中華そば麦萬』は、紛れもない新店。オープンは2017年11月25日。産声を上げて2ヶ月余りしか経たない、出来たてのホヤホヤだ。

店主は、名店『麺や七彩八丁堀店』の出身。手掛けるラーメンは、老舗が作る1杯のようにノスタルジックなビジュアルが中高年のハートに突き刺さる、まさに「中華そば」と呼ぶに相応しいもの。

1 2 3 4 5次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。