体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

敷金はいくら戻ってくる? 不動産のプロに聞いた退去時の出費を最小限に抑える小ワザ

退去時のうっかり出費を防ごう!

さぁいざ退去! そんな時に気になるのは退去時の修繕費や清掃費。どこまでが入居者負担? そもそも物件を傷つけずに済む方法は?

そんな疑問を解決してくれるのが不動産のプロ・エイブル武蔵小山店の金子史明店長。さぁ、正しい知識を身につけて、退去時もお得に乗り切ろう!
うっかりによる出費を防ごう!|入居時・退去時にチェック! 修繕費・清掃費を最小額に押さえる小ワザ

うっかりによる出費を防ごう!修繕費・清掃費の負担は入居者? 大家さん?「怠けて・わざと」は入居者負担、「自然な消耗」は大家さん負担

退去時の修理費用、入居者が負担するものと大家さんが負担するものの判断基準がわからない、なんて人もしばしば。自分でどこまで原状回復すればいいのか分からない人もいるはず。

簡単に説明すると、「怠けて・わざと」は入居者負担。「自然な消耗」は大家さん負担ということ。基本的にはこの考え方。日々の手入れを怠ってついた汚れや、引っ越しの準備中につけてしまった傷などは入居者負担になる。

反対に、冷蔵庫の後部壁面の黒ずみなど、通常使用により消耗してしまったものは大家さん負担というわけだ。部屋の箇所別 負担区分一覧表

部屋の箇所別に、原則として、入居者負担となる項目、大家さんが負担する項目を一覧表にまとめてみた。この表と照らし合わせて、自分の部屋を今一度チェックしてみよう!

大前提として、まず優先されるのは「特約」!
「特約」とは、特別の条件を伴った契約のこと。退去時の原状回復においては、本来大家さんの負担となる項目を入居者が負担とすることを指す。まず優先すべきは特約なので、それ以外の項目を下記表で振り分けよう。入居者負担となる項目


■タバコの焼け焦げ(カーペット・フローリングも同様)
■飲み物をこぼしたことによるしみ・カビ

フローリング
■キャスター付きの椅子等によるフローリングの傷、へこみ

カーペット・その他
■飲み物をこぼしたことによるしみ・カビ
■家具の設置による床・カーペットのへこみ、跡


■壁等のくぎ穴、ねじ穴、落書き
■結露の放置により拡大したしみ・カビ
■タバコのヤニ、臭い
■エアコンなどの水漏れを放置したために腐食した壁

天井
■天井に直接取り付けた照明器具の跡


■飼育ペットによる柱等の傷・臭い

設備
■空焚きによる風呂釜の破損、長期間掃除しなかったことによるエアコンの故障等

水まわり
■ガスコンロ置き場・換気扇等の油汚れ、すす
■風呂・トイレ・洗面台の水垢、カビ等大家さん負担となる項目


■畳の裏返し、表替え (破損はしていないが次の入居者確保のために行うもの)
■畳の変色(日照・建物構造欠陥による雨漏りなどで発生したもの)
(入居者が通知義務を怠った場合は入居者負担)

フローリング
■フローリングのワックスがけ

カーペット・その他
■家具の設置による床・カーペットのへこみ、跡


■テレビ、冷蔵庫等の後部壁面の黒ずみ
■画鋲、ピン等の軽微な穴(下地ボードの張替えは不要な程度のもの)
■壁紙の変色(日照など自然現象によるもの)壁に貼ったポスターや絵画の跡

天井
■照明器具設置箇所の黒ずみ(電気ヤケ)


■入居者の責任ではない破損等

設備
■浴槽、風呂釜の取替え
(破損はしていないが次の入居者確保のために行うもの)
■設備機器の故障、使用不能

水まわり
■経年変化により、使用するのに支障が生じた場合修繕費用の目安

どんなに気を付けていても、うっかり傷を付けてしまう場合もあるだろう。修繕費用のおおよその目安はどのくらいなのだろうか? 代表的なものをいくつか取り上げてみた。
修繕費用の目安|入居時・退去時にチェック! 修繕費・清掃費を最小額に押さえる小ワザ

修繕費用の目安特に押さえておくべきお掃除ポイント

退去立会いの時、不動産屋さんはどんなポイントを見ているのだろうか。

実はトイレを見れば、その人が物件をきれいに使っていたかどうかがわかるという。部屋の中で1番汚れやすいトイレ。そこがきれいだと、大家さんや管理会社は「この人は部屋を大事に使ってくれていたんだ」と思うそう。

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。