体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脅威の18W!iPhoneを超急速充電するモバイルバッテリー「Orico」

充電スピードは、遅いよりも早いほうが当然いい。

だから充電スピードを売りにしているモバイルバッテリーがクラウドファンディングサイトにたくさん出展されているが、今回紹介する「Orico」ほど強力な製品はなかなか見当たらないだろう。

何しろ、18Wでの充電を実現させているのだから。

・30分で50パーセント

まるで某金融企業のような名前のこのOrico、前面に掲げているのは「18W」という数字である。

18W充電がどれだけのものか。ここではiPhoneⅩを例に挙げよう。電力0パーセントの状態からOricoで充電した場合、30分後には49パーセントになる。これが5W出力のモバイルバッテリーだと、30分ではせいぜい20パーセント程度だという。

ちなみに、ワット数をこれ以上伸ばしたからといってより充電が早くなるというわけではないようだ。18Wは「適温」とも表現できる。

USB-A、Micro-B、そしてUSB-Cのポートがそれぞれ備わっている。容量は1万mAhと2万mAhの2種類。2万mAhの場合は、iPhoneⅩを5回満充電にできる。

2種類抱き合わせのデュオパックも用意

ともかく、このOricoが1台あれば当面の電力に困ることはないだろう。短時間で数十パーセントの充電が望めるというのは、やはり大きな要素である。

Oricoはクラウドファンディングサイト「Indiegogo」にて、34ドル(約3600円)からのプレオーダーを受け付けている。こちらの枠で手に入るのは2万mAh版で、1万mAh版とのセット「デュオパック」の場合は59ドル(約6250円)から。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。