体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こんな場所があったんだ!バンコクの最旬フォトジェニックスポット8選

こんな場所があったんだ!バンコクの最旬フォトジェニックスポット8選
日本人の海外旅行先としては超定番のバンコクですが、よく知られた人気の観光スポットから、ガイドブックではあまり紹介されない穴場スポットまで、数々のフォトスポットがあります。

美しく生まれ変わった定番スポットだけでなく、知る人ぞ知るちょっとツウなスポットも含め、今こそ行きたいバンコクのフォトジェニックスポット8つをお教えしましょう。

ワット・アルン

こんな場所があったんだ!バンコクの最旬フォトジェニックスポット8選
「ワット・アルン」といえば、ワット・プラケオとワット・ポーともに「バンコク三大寺院」と称されるバンコク観光のマストスポット。

三島由紀夫の小説「暁の寺」の題材になったことでも知られるワット・アルンが、フォトジェニックスポットとして再び注目を浴びるのにはわけがあります。

それは、2013年から続いていた大規模な修復工事が2017年の秋にようやく終了したこと。工事中は足場が組まれ、旅行者にとっては残念な風景になってしまっていましたが、再びその美しい全貌が見られるようになったのです。

こんな場所があったんだ!バンコクの最旬フォトジェニックスポット8選
しかも、現在のワット・アルンは修復前に比べ白さが際立つ姿に。以前のくすんだ色合いのワット・アルンにも独特の味わいがありましたが、やはり白い寺院は青い空によく映えます。

空に向かってにょきっと伸びる仏塔が印象的なワット・アルンですが、近くで見ると、仏塔の表面を飾る無数の陶器による装飾の美しさにも圧倒されます。

こんな場所があったんだ!バンコクの最旬フォトジェニックスポット8選
仏塔全体を写真におさめるのもいいですが、装飾をアップで撮っても「これは何?」と興味を引く写真が撮れますよ。

ワット・アルンへのアクセスは、ワット・ポー近くのN8ター・ティアン船着き場から渡し船で。観光客向けのチャオプラヤー・ツーリストボートも利用できます。

ワット・パクナム

こんな場所があったんだ!バンコクの最旬フォトジェニックスポット8選
最近日本人のあいだで「インスタ映え寺院」として密かに人気を集めるのが、「ワット・パクナム」。バンコク観光の中心から離れた場所にありながら、その幻想的な風景を求めてわざわざ足を運ぶ人が後を絶ちません。

SNSで人気に火が付いた天井画があるのは、大きな白い仏塔の5階。天井画が描かれた部屋に入った瞬間、宇宙を思わせるような幻想世界に引き込まれます。

色鮮やかな天井画は、下はパープルがかった深い青から、しだいにエメラルドブルー、エメラルドグリーンへと変化し、てっぺんは明るい黄緑色をしています。

こんな場所があったんだ!バンコクの最旬フォトジェニックスポット8選
写真ではわかりにくいですが、天井画の中心にはキラキラと輝く装飾が施され、ため息なしには見られないほどの美しさです。

壮大なアート空間にもかかわらず、今のところ各国のガイドブックにはあまり取り上げられておらず、日本人とタイ人の観光客がぽつぽつ訪れる程度。意外に空いていて写真が撮りやすいのも魅力です。

ワット・パクナムへのアクセスは、BTSシーロム線のウッターカート駅から徒歩約20分。歩くと少々遠いので、駅からタクシーを使うのも手です。

1 2 3 4次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。