体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

とってもキュート!実写版『くまのプーさん』の予告編が初公開

とってもキュート!実写版『くまのプーさん』の予告編が初公開

何か問題があっても、友達のちょっとした助けで乗り切れたりするものだ。ディズニーの新作映画『Christopher Robin(クリストファー・ロビン)』(原題)では、毛がふかふかの特別な親友が助けにやってきてくれる。

A・A・ミルン原作の童話集『くまのプーさん』の実写映画の初予告編が公開された。原作は少年が動物のぬいぐるみたちと一緒に100エーカーの森で様々な冒険を繰り広げる物語で、今回の予告編には2つの人気キャラクターが登場している。

今や大人になったクリストファー(ユアン・マクレガー)には、妻と娘がいる。家族との休暇を仕事のために諦めるよう上司から迫られ、困り切っているクリストファー。そんな彼にふかふかの肩を貸して助けようと現れたのが、くまのプーさん(声:ジム・カミングス)だった。

プーさんは他の仲間も連れてくる。ティガー(クリス・オダウド)、イーヨー(ブラッド・ギャレット)、オウル(トビー・ジョーンズ)、ピグレット(ニック・モハメッド)、ラビット(ピーター・キャパルディ)、カンガ(ソフィー・オコネドー)だ。そしてもちろん、プーさんは懐かしい親友のためにたくさんのアドバイスをする。

「プーさんは、子どもの遊び相手になったり、人を和ませてくれたりする単なる可愛いくまのぬいぐるみではないと思う。現代にタイムリーな存在なんだ。幼稚に響くかもしれないが、プーさん主義には時代を超えた真理が詰まってる」とマーク・フォースター監督はエンタメ系情報メディア『Entertainment Weekly』に語っている。

『Christopher Robin』は8月3日に米国公開予定だ。それでは早速、とってもかわいいプーさんが登場する以下の予告編をご覧いただきたい。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

【第90回アカデミー賞授賞式】メリル・ストリープが自身のミームを無意識に再現してしまい話題に
【第90回アカデミー賞授賞式】発表ミスの対策として封筒を一新するも、早速ツイッターでネタに
【第90回アカデミー賞授賞式】スピーチが最も短かった受賞者にジェットスキーを贈呈!?
最低男優賞にトム・クルーズ!?第38回ラジー賞受賞者が発表
『トイ・ストーリー』ウッディのデザインを手掛けたピクサーのアニメーター、バド・ラッキー氏が死去

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。