体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤倉温泉スキー場の魅力を、覆面プロレスラーがパワポでプレゼンしてみた

赤倉温泉スキー場の魅力を、覆面プロレスラーがパワポでプレゼンしてみた

はじめまして。プロレスラーのスーパー・ササダンゴ・マシンです。普段は新潟市在住で、月に1~2試合くらいしかしないマイペースレスラーの僕ですが、肉体は疲労し、心は鬱々とし、常にリフレッシュを求めています。
そんなわけで、地元・新潟県の赤倉温泉へ行ってきました!

行こうぜ赤倉温泉の向こうへ

今回の旅の同行者は、お笑い芸人・うしろシティの金子学さん。金子さんは同じ新潟県出身で、同じ事務所に所属する年下の大先輩です。
まずは朝7時30分にJR新潟駅に集合して、上越新幹線に乗って20分ちょっとでJR長岡駅へ。長岡からは特急「しらゆき」に乗り換え、終点のJR新井駅まで。
しらゆき 車内でのライター

そこはかとなく浮かれているので、おじさん2 人で慣れない自撮り

特急に揺られること1時間15分で、終点の新井駅に到着。ここからは妙高はねうまラインで目的地の妙高高原駅まで約25分です。
新井駅 ホームに立つライター

反対側のホームにいる人たちからは 温かい目で見守られています

新潟駅から妙高高原駅までの所要時間は、約3時間。ちなみにJR東京駅から北陸新幹線を利用すれば、同じく3時間くらいです。

間もなくして、本日のお宿「赤倉ホテル」に到着。赤倉温泉は、スキーでも有名な妙高高原の中腹にある温泉街で、江戸時代から続く隠れた名湯です。

赤倉ホテル 外観

荷物を預け、手ぶらで近くのレンタルスキー屋さんへ。

実はスキーは10年ぶり。ちなみに金子さんの出身は日本有数の豪雪地帯、新潟県津南町。当然スキーはプロ級の腕前なのかと思いきや「まあ英語で言ったら日常会話ができるくらいすかね」と、自信があるのかないのかわからない返答。でもまあ、ほぼ雪男として育てられてきた金子さんが一緒なら、10年ぶりでも大丈夫でしょう。

赤倉温泉スキー場で最高の景色とカレーに出合う

「き、気持ちいい~~!!!」(まだひと滑りもしてません)
リフトで登るだけなのに、最高の気分の良さ。空気もおいしすぎます。

赤倉温泉スキー場 ゲレンデ

妙高高原駅に着いてまだ30分でこの景色、素晴らしいなんてもんじゃありません。
絶景と、太陽の日差しの効果で、幸せを司る脳内物質・セロトニンが湧き出す温泉のように脳内で分泌され、ちょっとばかりご機嫌な状態、つまり「赤倉ハイ」になってしまいました。

ここからはもう2人とも、ひたすら新しいコースを求めて滑りまくり。僕なんて、スキーが10年ぶりだったことすら忘れてました。

赤倉温泉スキー場 スキーをするライター
1 2 3 4 5次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。